メンバーの「大丈夫です」は本当に大丈夫なのか? 現場マネージャーを支援するINSIDES PRODUCED BY RECRUITメンバーの「大丈夫です」は本当に大丈夫なのか? 現場マネージャーを支援するINSIDES PRODUCED BY RECRUIT

特集

採用の流儀~「ファーストリテイリング」編


会社のイメージを正しく伝える、ユニクロの採用手法とは?

2016.04.22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「2020年に売上高5兆円」――。カジュアル衣料品「ユニクロ」など8ブランドを展開するファーストリテイリング会長兼社長の柳井正氏が公言する目標だ。現在17の国と地域に3,000店舗以上を展開する同社では、この目標の実現に向けて、海外出店計画を加速させている。同時に国内店舗でも、過去の画一的な運営からの脱却が求められている。グローバル展開と地域密着を同時に進める同社の新卒採用手法を、グループ全体の採用を統括する人事部部長の中西一統氏に聞いた。

目次
  1. かつてない規模の海外インターンシップを実施
  2. 「近所のユニクロ」のイメージをどう脱却するか
  3. どんな人気業界相手でも「勝てる」魅力がある
  4. ユニクロの「店長業務」に詰まったビジネスの真髄
  5. 選考で重視するのは「チームワーク」形成力

かつてない規模の海外インターンシップを実施

ファーストリテイリンググループでは、ブランドごとに求める人物像や企業フェーズが違うため、複数の選考ルートを用意しています。ユニクロ配属の募集では、さらに「グローバルリーダー社員」と「地域正社員」の二つに勤務形態に応じて採用チームも分けています。

名称の通り、「グローバルリーダー社員」は、世界で勝負できる実力を身に付けることを目指し、世界各地どこにでも転勤の可能性があります。16年にユニクロに入社した新入社員のうち、約半数はこのポジションです。

「地域正社員」では、転居を伴う転勤は発生しません。地元志向が強い学生にも、より個々の希望に合った働き方に寄り添えるように、14年にリニューアル導入した雇用形態です。

この2職種では、入社後まったく違う道を歩むイメージを持つかも知れませんが、実は本質的に求めたい人材像は同じです。「全員経営」を標榜する当社では、採用するすべての職種に「経営者」のマインドを求めています。もしくは、会長の柳井の言葉を借りるなら「商売人」を求めています。

われわれは、常に進化し変化しているので、誰かの指示待ちでは仕事が間に合いません。各自が各自のポジションで何ができるか、常に全力で考えて周囲を引っ張っていくような人材が欲しい。

fstr_1_160422

では、そんな人材に、どうやったら当社に興味を持ってもらえるか。特に、海外志向が強い学生に、どう興味を持ってもらうかには注力しています。

たとえば、16年2月に実施した

こちらは会員限定記事です。

この記事の続きを読むには、@人事へのログインが必要です。

{{error}}

メールアドレス

{{ errors.first('user_id') }}

パスワード

{{ errors.first('password') }}

会員登録がお済みでない方は
こちらから登録を行ってください。

無料会員登録

執筆者紹介

玉寄麻衣(たまよせ・まい) 1979年生まれ。立命館大学政策科学部卒業。外資系大手人材派遣・人材紹介会社で、営業として主に中小企業の人材採用をサポート。その後フリーランスのライターとなり、人材採用、人材育成、大学教育、広報・PR、企業経営等に関する取材・執筆を行う。

@人事では『人事がラクに成果を出せるお役立ち資料』を揃えています。

@人事では、会員限定のお役立ち資料を無料で公開しています。
特に人事の皆さんに好評な人気資料は下記の通りです。
下記のボタンをクリックすると、人事がラクに成果を出すための資料が無料で手に入ります。

今、人事の皆さんに
支持されているお役立ち資料

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました