マンガ

ガンバレ アトウくん


【第6回】飯出明日(いいであす)商事はダイバーシティ推進企業?

2016.02.26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

加工食品の商社・飯出明日(いいであす)商事に勤める入社3年目の営業マン・亜島紳二(25)はある日、自社のダイバーシティの取り組みについて部長に尋ねた。すると、部長から亜島自身が所属する営業3課が、採用・雇用・人財の活躍において社内で一番だと聞かされる。果たしてその実態とは...

あとがき談義

亜島「ある意味、独自の進化を遂げているということで、ほかの課からは“飯出明日商事のガラパゴス”と言われていますが...確かに『ダイバーシティ』って、国籍や性別、人種に限らず個性や価値観、能力なども含めて多様性を受け入れいれるってことですよね」
部長「ただ受け入れるのではなく、きちんと組織の生産性を高めるマネジメントができてこそダイバーシティを推進する意味があるのだよ」
亜島「そうですね。部長のマネジメントはさすがです。(社内からはガラパゴスの島長という人もいますが...)」

■イラスト/渡部文彦、構成/編集部

関連特集「活力を生み出すダイバーシティ」

@人事では『人事がラクに成果を出せるお役立ち資料』を揃えています。

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました