プレスリリース

国内・海外ヘッドライン

ゼブラ


ゼブラが病気やケガによる社員の長期障害所得を保障する「Z-LTD」制度をスタート

2018.09.04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゼブラ(東京都新宿区)は、2018年9月3日に、社員が病気やケガで長期間働けなくなった時に、生活費をまかなうための収入を補償する団体長期障害所得補償保険「Z-LTD」制度を10月から導入すると発表した。

がんや脳卒中などに対する治療の進歩は目覚ましく、死亡せず長期治療を行う人が増えている現在、治療と就業の両立が難しいために生活のための収入を失う従業員が多く存在しているといわれている。人手不足の現状の中、特に新卒は福利厚生を重視して企業を選ぶ傾向が強まっており、ゼブラ株式会社は、同制度の導入によって社員が安心して働ける環境を整備することを通して人材確保をねらう。以下、リリースより。

2018年10月より、「Z-LTD」制度スタート

背景1

日本ではがんや脳卒中などの疾病が増加するなか、医療技術の進歩により死亡せずに長期治療をおこなう人が増えています。しかし治療と就業の両立が難しく、長期離脱した従業員の約4割は復職できずに生活のための収入を失っていると言われています。(「がん患者の就労等に関する実態調査」東京都福祉保健局より平成26年5月27日発表)

背景2

人手不足による人材確保が難しくなっているなか、特に新卒は福利厚生や安心して働く環境が整っている企業を希望する傾向があります。ゼブラでは、働き方改革の一環で福利厚生を充実させ、社員が安心して働ける環境整備をおこない、人材を確保したい考えです。

zebra
ゼブラ本社

zebra2
栃木県にあるゼブラ野木工場

「Z-LTD」制度とは:団体長期障害所得補償保険(GLTD)※のゼブラ(ZEBRA)版です。

1 社員が休業してから最長3年間を会社が標準報酬月額の約30%を補償します。
2 社員の任意加入で標準報酬月額の最大8割を最長65歳まで補償されるオプションプランも用意します。
3 一般的な傷病に加え、精神障害や、天災によるケガも対象とします。
4 傷病が原因で退職した後も支払い条件を満たす限り補償は継続されます。
5 従業員の約3割を占めるパート社員も対象とし、高い技能を持つ工場のパート社員の安心感を高めます。

※団体長期障害所得補償保険(Group Long Term Disability)

欧米で開発販売され、日本でも1994年から一部の保険会社が販売。通常、社会保障で収入が補償される期間が1年6ヶ月であるなか、社員の安心感を高めて人材確保をしたい企業から近年注目が集まり、新たに販売を始める保険会社や割引サービスを開始するところがでています。
個人が入れる収入補償型保険も増えていますが、個人よりも団体割引がきくため、安く手厚い補償が受けられることがメリットです。

▽参考資料

がん医療の進歩は目覚ましく、生存率は上昇している。​

zebra3

出典:国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」

悪性新生物の治療のため、仕事を持ちながら通院している者は32.5万人いる。​

zebra4
出典:第58回がん対策推進協議会資料6

【プレスリリース「社員が病気やケガで長期間働けなくなった時の収入補償制度「Z-LTD」を導入 社員が安心して働ける環境を整えることで人材確保 メンタルヘルス・災害も補償対象として健康経営」より(PR TIMES)|ゼブラ株式会社(2018年9月3日)】

@人事では『人事がラクに成果を出せるお役立ち資料』を揃えています。

@人事では、会員限定のお役立ち資料を無料で公開しています。
特に人事の皆さんに好評な人気資料は下記の通りです。
下記のボタンをクリックすると、人事がラクに成果を出すための資料が無料で手に入ります。

今、人事の皆さんに
支持されているお役立ち資料

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました