ニュース・トレンド

プレスリリース

株式会社ヴォーカーズ調べ


【2019就活調査レポート】東大生が選ぶ就職注目企業ランキング!

2018.02.20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就職・転職のための企業リサーチサイト「Vorkers」を運営する株式会社ヴォーカーズ(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:増井 慎二郎)は、2018年2月20日に、2019就活調査レポート第1弾として、「東大生1800人が選ぶ、就職注目企業ランキング」を発表した。

ランキングは、「Vorkers」に登録がある19卒の学生ユーザーがどんな企業に注目し、企業研究を始めているかを調査して作成したもの。第一弾となる今回は、東大生1800人の声を集計し、ランキングを作成している。以下、リリースの内容と東大OB・採用コンサルタントへの取材情報を紹介する。

目次
  1. 東大生の注目企業ランキング、1位は「野村総合研究所」
  2. 東大生が注目しているのは、コンサルと外資系
  3. なぜ東大生が外資系企業への就職を希望するのか?

東大生の注目企業ランキング、1位は「野村総合研究所」

【サマリー】

  • 東大生が注目している企業は1位 野村総研、2位 アクセンチュア、3位 三菱商事
  • 東大生が注目するTOP30社の内7社がコンサルティング会社、3社に1社が外資系企業

rs_vorkers_1_180220
※クリックすると図が拡大されます。

東大生が注目しているのは、コンサルと外資系

今年も短期決戦が想定される就職活動ですが、3月の情報解禁・エントリー開始を前に、すでに多くの学生がVorkersで企業研究を始めています。特に、昨年3000名近い登録(※)があった東京大学の学生は、今年すでに1800名近い登録があり、情報収集に意欲的であることがわかります。

今回、東大生がVorkersで検索している企業を集計し、ランキングを作成しました。1位は野村総合研究所という結果になり、TOP10を見るとマッキンゼーやボストンコンサルティングといった難関コンサルファームや、商社からは三菱商事が3位にランクインしています。また、TOP30のうち10社が外資系企業であり、実力主義の色が強い環境で挑戦を求める姿勢が伺えます。

(※)Vorkers学生ユーザーの内2018年卒業・修了予定の東京大学 学生ユーザー数:2821名
【対象データ】
Vorkers19卒学生ユーザーの内、東大生1776名(2018/2/14時点)に限定し検索企業を集計

【参考:プレスリリース「東大生1800人が選ぶ、就職注目企業ランキング」より|株式会社ヴォーカーズ・2018年2月20日】

なぜ東大生が外資系企業への就職を希望するのか?

近年は上位層の学生の間で、外資系企業のコンサルタント職を志望する学生が増えている。なぜこのような現象が起きているのか、東大OBの採用コンサルタントに事情を聞いた。

「近年は、東大でも理系の学生の中で、外資企業、特にコンサルタントが評価されている傾向があります。論理的思考を重視し、それを高く評価してくれることから、研究職志望だった学生が、就職先としてコンサルタントも視野に入れて調べるようになっています。昨年あたりから、学内の生協でもアクセンチュアやボストン・コンサルティング・グループの広告を見かけるようになりました。こうした広告の影響もあるかもしれません」(同採用コンサルタント)

2018年2月20日コメント取材:@人事編集部

@人事では『人事がラクに成果を出せるお役立ち資料』を揃えています。

@人事では、会員限定のお役立ち資料を無料で公開しています。
特に人事の皆さんに好評な人気資料は下記の通りです。
下記のボタンをクリックすると、人事がラクに成果を出すための資料が無料で手に入ります。

今、人事の皆さんに
支持されているお役立ち資料

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました