【無料】中小企業のための技能実習・国際労働制度活用セミナー【無料】中小企業のための技能実習・国際労働制度活用セミナー

会員限定

特集

採用学4周年記念セミナー・服部泰宏氏講演


「採用学」服部泰宏氏が語る、データ分析を活用するための2つの条件

2017.11.20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「採用学研究所」を構成する伊達洋駆氏(株式会社ビジネスリサーチラボ)、神谷俊氏(株式会社ビジネスリサーチラボ)、杉浦二郎氏(株式会社モザイクワーク)、そして服部泰宏氏(横浜国立大学)が登壇し、採用環境に関する鋭い解説や、ユニークな事例紹介などを交えた講演を行った採用学4周年記念セミナー。

前回は株式会社モザイクワーク代表取締役・杉浦二郎氏の講演をご紹介し、採用を改めてシンプルに問い直した事例を見てきました。今回の記事では、『採用学』の著者でもある、横浜国立大学准教授、服部泰宏氏が登場。杉浦氏のお話へのフィードバックとして、服部氏が語った内容をまとめました。「データ分析」「採用の作り方」について、非常に示唆に富んだ内容です。

※情報はすべて2017年10月25日取材時点

服部 泰弘(はっとり・やすひろ)

横浜国立大学大学院国際社会科学研究院准教授の服部 泰弘氏①

横浜国立大学大学院国際社会科学研究院准教授

神奈川県生まれ。神戸大学大学院経営学研究科修了。滋賀大学経済学部専任講師、准教授を経て、現在にいたる。日本企業における組織と個人の関わりあいや、経営学的な知識の普及の研究等に従事。2013年以降は特に「採用学」の確立に向けた研究・活動に力をそそぐ。採用学研究所では客員研究員を務める。2010年に第26回組織学会高宮賞、2014年に第1回人材育成学会論文賞を受賞。

目次
  1. データ分析を行うには条件がある
  2. 最も精度の高いデータ分析でも、希望の人材を採れる確率は50%
  3. データ分析で予測できるパーセンテージをどう考えるか
  4. これまでにない採用手法に成功する企業の共通点は何か
  5. 「形にならないもの」を想像できたから、人は進化した
  6. 無形のプランを表現する場合「言葉」がプロトタイプになる
  7. 採用を恋愛関係に例えることで見えてきた「おかしさ」

データ分析を行うには条件がある

まずデータ分析に関して、1つ私の方からお話をさせていただければと思います。

私は、データ分析が大事かどうかと言えば、総じて大事だと信じています。ただ、分析のためには実はいろいろな条件があって、杉浦さんのおっしゃった「分析を使える状況と使えない状況がある」ということは、全くその通りだと思っています。

というのも、統計を知っていれば知っているほど、データ分析やビックデータに対しては、慎重な方が多いんです。懐疑的ではないが、慎重ということです。

データ分析のための条件(1) 環境の安定性

まず、データ分析を行うための1つ目の条件は、環境の安定性です。環境が変わっていないかどうか。人材の「優秀さ」の定義が変わっていないかどうか。この安定性というものをまず考えないといけない。つまり、分析に使用するデータと同じような状況が今もあるのかどうか。これが1つ。

こちらは会員限定記事です。

この記事の続きを読むには、@人事へのログインが必要です。

{{error}}

メールアドレス

{{ errors.first('user_id') }}

パスワード

{{ errors.first('password') }}

会員登録がお済みでない方は
こちらから登録を行ってください。

無料会員登録

@人事では『人事がラクに成果を出せる無料レポート』を揃えています。

@人事では、会員限定のレポートを無料で公開しています。
特に人事の皆さんに好評な人気レポートは下記の通りです。
下記のボタンをクリックすると、人事がラクに成果を出すためのレポートが無料で手に入ります。

今、人事の皆さんに
支持されている無料レポート

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました