プレスリリース

国内・海外ヘッドライン

2018年3月卒生就職内定状況(厚労省・文科省調べ)


2018年卒生の就職内定率は調査開始以降最高の91.2%に

2018.03.16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

厚生労働省と文部科学省は平成30年3月16日に、「平成30年3月大学等卒業予定者の就職内定状況」を公表した。調査結果は平成30年2月1日現在の状況を取りまとめたもの。それによると、大学生の就職内定率は91.2%(前年同期比0.6ポイント増)となり、調査開始以降、同時期での過去最高を記録した。以下、リリースより。

就職内定率の概要

・大学(学部)は91.2%(前年同期比0.6ポイント増)
・短期大学は89.9%(同1.4ポイント増)
・大学等(大学、短期大学、高等専門学校)全体では91.6%(同0.7ポイント増)
・大学等に専修学校(専門課程)を含めると91.0%(同0.8ポイント増)

調査結果の主な概要

【全体の概要】

rs_kor_naitei18_1_180316【 就職(内定)率の推移(グラフ):(厚生労働省HPより)

○大学の就職内定率は91.2%(前年同期比0.6ポイント増)。このうち国公立大学の就職内定率は、91.8%(前年同期比0.9ポイント増)、私立大学は、91.1%(同0.6ポイント増)。
○短期大学の就職内定率は、89.9%(前年同期比1.4ポイント増)。
○高等専門学校及び専修学校(専門課程)の就職内定率は、それぞれ99.6%(前年同期比同)、85.6%(同1.1ポイント増)。
○本調査における卒業予定者全体(※)に占める内定者の割合(大学のみ)「71.1%」
(※) 卒業予定者全体には就職希望者の他、「進学希望者」、「自営業」、「家事手伝い」等を含む。

【男女別の概要】

○男女別では、男子大学生の就職内定率は89.9%(前年同期比1.1ポイント増)、女子は92.8%(前年同期比同)。また、国公立大学では、男子:90.6%、女子:93.1%、私立大学では、男子:89.7%、女子:92.8%となっている。

【文系・理系別の概要】※大学のみ

○文系・理系別では、文系の就職内定率は91.0%(前年同期比0.7ポイント増)、理系の就職内定率は92.4%(同0.3ポイント増)となっている。

【地域別の概要】※大学のみ

○地域別では、中部地区の就職内定率が最も高く93.0%となっている。

調査内容および調査結果の詳細は、厚生労働省HPで公開している。
・厚生労働省のページはこちら

【報道発表資料「大学生の就職内定率は91.2%(2月1日現在)と調査開始以降同時期で過去最高」より|厚生労働省/文部科学省・2018年3月16日】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました