人事の学び舎vol.15 オンライン元年 ナビとスカウトでつくる Web新時代の採用スタンダード人事の学び舎vol.15 オンライン元年 ナビとスカウトでつくる Web新時代の採用スタンダード

勤怠管理システム完全ガイド

サービスガイドTOPへ

導入すべき
勤怠管理システム
分かる!

勤怠管理システムの登録数 46

2020年12月02日(水)更新

@人事編集部が、勤怠管理システムを最大限に活用するための情報まとめました。勤怠管理システムの基礎知識、選び方、活用術の3つに分類したガイドコンテンツで、導入から活用までを徹底的にサポート。さらに勤怠管理システム サービス比較ページでは、条件にチェックを入れるだけで、会社にぴったりなサービスを見つけることができます。

サービスを探す

対応エリア
北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄
海外
サポート内容
費用
サーバー構成
打刻方法
機能
全46サービスを比較する

基礎知識

選び方

活用術

勤怠管理システムに関する@人事
ONLINE記事

法令違反・労務リスクを回避し、働き方改革を先に進める勤怠管理システムの選び方 法令違反・労務リスクを回避し、働き方改革を先に進める勤怠管理システムの選び方

@人事を運営するイーディアスは11月25日、人事・総務担当者向けのアカデミックイベント「人事の学び舎vol.14」をオンラインセミナー形式で開催した。テーマは「勤怠管理システム」導入だけでは防げない法令違反リスクと対策。 2020年は中小企業も対象に含めた「働き方改革関連法」の施行が次々...

【社労士解説】「勤怠管理システムを導入しただけでは十分ではない」重要な観点 【社労士解説】「勤怠管理システムを導入しただけでは十分ではない」重要な観点

2020年は中小企業対象も含めた「働き方改革関連法」の施行が次々に行われ、企業は法令違反回避のために勤怠管理システムの導入・活用を対策の一環として行った。しかし勤怠打刻の「記録」ができていても業務実態の把握や改善をするための「管理」ができていなかったり、システムの十分な活用ができていない企業も...

本当に必要な「勤怠管理」を実現する“勤怠管理システムの条件” 本当に必要な「勤怠管理」を実現する“勤怠管理システムの条件”

従業員の労働時間や出退勤時刻を把握するために必要な「勤怠管理」。タイムカードによるアナログな管理からクラウド型の勤怠管理システムまでさまざまな管理方法あります。それなりの手間とコストをかけて行っている勤怠管理ですが、企業によってはただの勤務記録の集計になってしまっている場合も。こうした状況...

法改正に正しく対応するための勤怠管理システム 法改正に正しく対応するための勤怠管理システム

働き方改革の対策として、勤怠管理システムの導入が待ったなしの状況になりました。 2019年4月から順次施行されはじめている働き方改革関連法により、労働時間・年次有給休暇の管理方法の見直し・検討が余儀なくされました。その管理方法でお勧めしたいのが勤怠管理システムの導入です。法改正の内容を交え...

【人材確保】リモートワーク社員との交流のコツと勤怠ツールの活用法 【人材確保】リモートワーク社員との交流のコツと勤怠ツールの活用法

リモートワーク中の社員が「リモートワーク」導入のポイントやサービスの活用法を語る 「リモートワーク」とは、勤務先のオフィスには出社せず、自宅やコワーキングスペースなど、会社から離れた場所で業務を行う勤務形態のこと。政府の「働き方改革」でもリモートワーク(テレワーク)は推進されているが、「...


資料請求リストに追加しました