国内・海外ヘッドライン

毎月勤労統計調査27年8月分速報


2か月連続実質賃金増、現金給与総額は前年同月比0.5%アップ

2015.10.05

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

厚生労働省は5日、8月分の毎月勤労統計調査(速報値)を発表した。現金給与総額は前年同月比0.5%増の27万2382円で2ヶ月連続の増加、物価上昇を加味した実質賃金も0.2%増となった。賃上げと物価上昇が一段落ついたために0.5%増であった前月と比較すると伸び率は縮小したものの、実質賃金も2ヶ月連続プラスを維持している。

現金給与総額の内訳を見ていくと、所定内給与は0.5%増、所定外給与(残業代など)1.5%増、特別に支払われた給与(賞与など)0.6%増であった。また、就業形態別では一般労働者とパートタイム労働者でそれぞれ34万7542円(0.5%増)、9万7231円(1.0%増)であった。産業別の賃金指数では製造業が0.2%減、卸売業、小売業と医療、福祉がともに0.6%増となった。

労働時間については、総労働時間が141.8時間(0.5%増)、所定内労働時間が131.4時間(0.5%増)、所定外労働時間は10.4時間(0.8%減)となったが、製造業は2.0%増の15.3時間だった(季節調整後前月比0.5%増)。また就業形態別では一般労働者164.4時間(0.8%増)、パートタイム労働者89.1時間(0.5%減)であった。

常用雇用は前年同月に比べ4794万1000人(1.8%増)、就業形態別では一般労働者が1.6%増、パートタイム労働者が2.6%増となっていた。前月比では労働者全体においては0.2ポイント減少しているものの、一般労働者については0.7ポイント改善されていた。

毎月勤労統計調査 平成27年8月分結果速報 | 厚生労働省・10月5日

@人事では『人事がラクに成果を出せるお役立ち資料』を揃えています。

@人事では、会員限定のお役立ち資料を無料で公開しています。
特に人事の皆さんに好評な人気資料は下記の通りです。
下記のボタンをクリックすると、人事がラクに成果を出すための資料が無料で手に入ります。

今、人事の皆さんに
支持されているお役立ち資料

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました