プレスリリース

国内・海外ヘッドライン

株式会社リクルートキャリア調べ


中途採用、3割超の企業で計画下回る。経営者の採用業務への関与が鍵

2018.12.06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林 大三)は、12月3日に中途採用を実施している人事担当者に対して実施したアンケート調査「中途採用の課題」の結果を発表した。

調査によると、3割以上の企業が選考合格者数の計画を「下回っている」と回答したことがわかった。以下、リリースより。

調査結果トピックス

・選考合格者数の計画を「下回っている」企業は35.7%で、「上回っている」企業の15.9%より多い
・選考合格者数が計画を「上回っている」と回答した企業の方が、採用業務に経営者、部門責任者が関与している割合が高い
・中途採用における課題のトップは、「採用予算がかけられない」(33.9%)

解説:採用戦略は「人事の孤軍奮闘型」から「経営・人事・現場の三位一体型」へ(リクナビNEXT編集長 藤井 薫)

rs_rrc_1_181115-e1542291550240

本調査では、約3割の企業が、中途採用における選考合格者数で「計画を下回っている」結果となりました。企業の採用難が見てとれ、事業活動へのマイナス影響も想定されます。

そうした状況下で、選考合格者数が計画を「上回っている」と回答した企業ほど、採用戦略や募集要項の策定に、「経営者」、「部門責任者」が関わっているという結果が見られました。

今後、経営や現場がいかに採用にコミットするかが、企業の持続的な事業成長の明暗を分けるカギになると考えます。

中途採用における「選考合格者数」の状況:計画を「下回っている」企業が「上回っている」企業より多い

「選考合格者数」の状況について見たところ、計画を「下回っている」と回答した企業は35.7%となりました。
各職種を募集する企業ごとの回答をみても、企画・マーケティング職を除いたすべての職種で、計画を「下回っている」方が「上回っている」より高いという結果となりました。

図1|2018年度(2018年4月~2018年9月時点)の中途採用における選考合格者数について教えてください(SA)n=628

20181203_01

図2|該当職種を募集する企業の状況

20181203_02_main※%を表示する際に小数点第2位で四捨五入しているため、合計値が表示の数値と合致しない場合があります

中途採用業務への関与者

選考合格者数が計画を「上回っている」と回答した企業ほど、採用業務に経営者、部門責任者が関わる

採用業務に対しての各部門の関与を見たところ、「採用予算の策定」、「採用戦略の策定」、「募集要項の考案」の各項目で、人事部門の関わりが強いという結果となりました(※プレスリリース本編 P.6「データ集」参照)。

一方、選考合格者数が計画を「上回っている」企業と「下回っている」企業の違いを見たところ、「上回っている」と回答した企業ほど、「経営者や、求人を出している部門責任者の採用業務への関わりが強い」という結果となりました。

「採用予算の策定」は、経営者の関与に10.0ポイントの差があり、「募集要項の考案」では、求人部門の責任者の関与に12.6ポイントの差があります。

図3|自社の中途採用において、次の業務はどなたが関与していますか?(MA)n=628
2018年度(2018年4月~9月時点)の中途採用における選考合格者数の状況での比較

20181203_03

その他プレスリリース本編掲載の設問

・中途採用を実施する際の具体的な課題について、あてはまるものを教えてください(MA)n=628

調査概要

【実施期間】2018年9月21日(金) ~ 2018年9月30日(日)
【調査対象】企業の採用戦略策定に関与している方
【回答数】対象者739名のうち、中途採用を実施していると回答した628名
【調査方式】インターネット調査(調査協力:株式会社マクロミル)

調査結果の詳細はこちらをご覧ください。
https://www.recruitcareer.co.jp/news/20181203.pdf

【プレスリリース「3割の企業は、選考合格者数が計画を下回る、経営者や部門責任者の関与度合いに差あり-企業人事600人に聞いた、中途採用の課題-」より|2018年12月3日・株式会社リクルートキャリア】


【編集部おすすめの「ホワイトペーパー」】
体系的にまとめられた情報の中から必要な部分をパッケージングした業務に役立つ資料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました