【長時間労働への対策事例】テレワークの実態を把握する手法とは?(サービス資料)

PC画面への表示による「緩やかな牽制」で約6割の社員が帰宅

テレワークの実施に伴い「残業の必要性の把握」「働き方の多様化による勤務実態の把握」が課題となった同社では、ポップアップによるPCの利用抑止と、上司へ残業を申請するしくみ(長時間労働抑止システム「Chronowis」)を導入しました。

ポイント

・決まった時間にポップアップをPC画面に表示
残業の必要性を各自で見直して上司に申請

・上司は申請理由から残業の必要性・緊急性を把握可能に
社員と上司のコミュニケーションが活性化

・説明会を開催しなてくも捜査に関する問い合わせはゼロ
操作の分かりやすさを求めて機能を集約

PC画面への表示による「緩やかな牽制」で約6割の社員が帰宅

テレワークの実施に伴い「残業の必要性の把握」「働き方の多様化による勤務実態の把握」が課題となった同社では、ポップアップによるPCの利用抑止と、上司へ残業を申請するしくみを導入した。

無料で資料ダウンロード
  

【ご注意】

本資料をダウンロードいただきますと、当コンテンツの情報掲載事業者であるパナソニック ソリューションテクノロジー株式会社へ、会員情報の一部(会社名、氏名、メールアドレス、電話番号等)が提供されます。 パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社より、サービスやセミナー等のご案内が届く場合がございます。ご同意の上、ダウンロードボタンをクリックしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


資料請求リストに追加しました