【無料】中小企業のための技能実習・国際労働制度活用セミナー【無料】中小企業のための技能実習・国際労働制度活用セミナー

試用期間
(しようきかん)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

試用期間とは、使用者と従業員との間で成立する雇用関係が長期的に維持できるものであるかを判断するために設けられる期間を指します。一般的に適合性の判定は使用者により行われます。入社日から2~6カ月程度に設定し、従業員としての適合性が認められれば同期間終了後に本採用します。広義には試用期間は「採用過程」の一環であり、その過程の最終段階としての役割を持ちます。
試用期間の有無や期間の長さを規定する法律はなく、労働条件は就業規則や個別の労働契約で労働者に明示する必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


資料請求リストに追加しました