【無料】中小企業のための技能実習・国際労働制度活用セミナー【無料】中小企業のための技能実習・国際労働制度活用セミナー

裁量労働制
(さいりょうろうどうせい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

裁量労働制とは、仕事の進め方や勤務時間を従業員に委ね、実労働時間ではなくあらかじめ労使間で決めた「みなし労働時間」を基に賃金を支払う制度です。裁量労働制は成果主義を基本の考え方としており、従業員を労働の時間ではなく成果で評価します。
裁量労働制を適用できる業務は労働基準法により定められており、大きく「専門業務型」と「企画業務型」に分けられます。
「専門業務型裁量労働制」の対象は下記の19種です。
・新商品若しくは新技術の研究開発又は人文科学若しくは自然科学に関する研究の業務
・情報処理システムの分析または設計の業務
・新聞若しくは出版の事業における記事の取材若しくは編集の業務又は放送番組の制作のための取材若しくは編集の業務
・衣服、室内装飾、工業製品、広告等の新たなデザインの考案の業務
・放送番組、映画等の制作の事業におけるプロデューサー又はディレクターの業務
・コピーライターの業務
・システムコンサルタントの業務
・インテリアコーディネーターの業務
・ゲーム用ソフトウェアの創作の業務
・証券アナリストの業務
・金融工学等の知識を用いて行う金融商品の開発の業務
・大学における教授研究の業務(主として研究に従事するものに限る。)
・公認会計士の業務
・弁護士の業務
・一級、二級、木造建築士の業務
・不動産鑑定士の業務
・弁理士の業務
・税理士の業務
・中小企業診断士の業務
そして「企画業務型裁量労働制」は事業運営上の重要な決定を行う業務となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


資料請求リストに追加しました