初めてでも慌てない! 新入社員研修スケジュールの作り方

新入社員研修では、多様なカリキュラムを組み込んだスケジュールを、数日間から数カ月にわたって組むことになります。研修担当者は、念入りなスケジュール調整が必要になります。
このページでは、新入社員研修のスケジュールの作り方を、具体的な例を交えて解説します。

新入社員研修スケジュールを作る手順

新入社員スケジュールは、以下の手順で作成しましょう。

カリキュラムを決定する

カリキュラムを以下のように決定します。なお「新入社員研修についてよくある質問【設計編】」の「新入社員研修のカリキュラムはどのように決めればよいですか?」もご参照ください。

経営者や社員からヒアリングを行う

まず、経営者に人材育成方針を確認し、その内容を具体的なスキルや知識にブレイクダウンします。その後、社員にもヒアリングし、新入社員に身に付けさせたいスキル・知識の程度を把握しましょう。例えば前年度の新入社員には、「新入社員研修で役立ったこと」「新入社員研修で学んでおきたかったこと」「学べなかったために困ったこと」を尋ねます。また先輩社員には、「現場に配属される前に知っておいてほしいこと、身に付けてほしいこと」「前年度の新入社員を育てる中で感じた課題」を聞くとよいでしょう。

内定者からヒアリングを行う

事前課題(アンケート)を行い、受講者の現状を把握します。ビジネスマナーなどは基礎から教える必要がありますが、PCスキルや語学力については、事前課題や入社試験の結果をもとに把握しておく必要があります。そのうえで、新入社員のレベルに合った研修を設計しましょう。

研修の目的・目標を決める

研修の目的・目標は、目標行動と合格基準を設けて具体的に設定します。また各目標に対し、期限を設定することも重要です。「いつごろまでに、何を、どの程度までできるようになるか」という形で目標設定を行いましょう。例えば、「入社後3カ月までに、独りで顧客対応ができるようになる」という形です。
なお目標設定の際は、解釈が多様になる言葉を避け、明確な行動状態を設定しましょう。以下はその一例です。

解釈が多様になる言葉 解釈が限定的になる言葉
~を知っている ~について書ける
~について理解している ~を暗唱できる
~に対する理解を深めている ~の差異が認識できている
~を分かっている ~を作れる
~が十分に分かっている ~について列挙できる

メイジャー『教育目標と最終行動―行動の変化はどのようにして確認されるか』(1970年)をもとに作成

目標は、努力すれば達成が見込める程度にレベル設定することで、受講者が前向きに取り組めるようになります。詳しくは「『時間の無駄』とは言わせない! 身に付く研修を行うためのポイント」をご覧ください。

必要なカリキュラムを決める

目的・目標をスキル・知識のレベルまでブレイクダウンし、必要なカリキュラムを選択します。例えば、先述の「入社後3カ月までに、独りで顧客対応ができるようになる」という目標であれば、必要なカリキュラムは、「ビジネスマナー」「ビジネスライティング」「電話応対」などと細分化できるでしょう。カリキュラムの種類については「これで完璧! 新入社員研修の主なカリキュラムと成功のポイント」をご覧ください。

外部委託するカリキュラムと、内製化するカリキュラムを決める

研修の外部委託と内製化には、それぞれメリット・デメリットがあります。カリキュラムの内容によって、外部委託するものと内製化するものを整理しましょう。

例えば、自社の状況や業界の課題などについての研修は、その内容に精通した内部講師が行うのが適切です。一方、ビジネスマナーやビジネスライティングなど、業種や職種に縛られない研修で、かつ社内では専門的に教えられないものは、外部委託したほうが質を担保できます。
なお外部委託のメリット・デメリットについて、詳しくは「外部研修は役に立つ? 新入社員研修を外部委託するメリット・デメリット」をご覧ください。

関係者の予定を調整し、スケジュールを組む

外部講師の予定、社外セミナーの開催予定、内部講師の予定、他の社内行事の日程、関係部署における業務の繁忙期・閑散期などを踏まえて、スケジュールを策定します。特に実地研修を行う場合は、現場との早めの予定調整が不可欠です。また、日程が合わず集団研修を行えない場合は、E-ラーニング(動画配信)や通信教育などの方法で補うことも考えましょう。
具体的なスケジュールの組み方については、後述する「新入社員研修スケジュールを作成するポイント」で解説します。

新入社員研修スケジュールを作るときのポイント

新入社員研修スケジュールを作る際のポイントと、新入社員研修スケジュールの具体例をご紹介します。

新入社員研修スケジュールを作成するポイント

新入社員研修のスケジュールを作る際には、以下のポイントを押さえましょう。

内製化する部分と外部委託する部分で日程を分ける

「1日目は内部講師が研修をする日」「2日目は外部セミナーに参加させる日」など、内製化する部分と外部委託する部分で日程を分けましょう。「午前中のうちに内部講師が社内で研修を行い、午後は社外セミナーに参加させる」といった予定の立て方では、研修の進行が慌ただしくなってしまいます。

自社や業界について学ぶ研修を先にする

自社や業界についての知識をあらかじめ身に付けたあと、実践的な内容に入ったほうが、仕事のイメージを持ちやすく、知識やスキルが身に付きやすくなります。また、就業規則や社内施設など、会社で働くうえで不可欠な内容の説明も、早いうちに行うのが適切です。ビジネスマナーやビジネスライティングなど実践的な内容は、後半以降に持ってきましょう。

休憩時間は1時間~1時間半ごとに20分前後

受講者の集中力を保つため、休憩時間は1時間~1時間半ごとに20分前後を確保しましょう。

振り返りの時間を設ける

新入社員の知識・スキルの定着や、今後のフォローアップのため、必ず振り返りの時間を設けましょう。アンケートも併せて行い、次年度以降の新入社員研修の改善に活用します。1日の終わりや研修期間中の毎週末など、定期的に行うことが重要です。また振り返りは、研修時間内の、受講者のモチベーションが高いうちに行いましょう。

形式も記載しておく

会場設営をスムーズに行うため、スケジュールには研修の形式も記入しておきましょう。

新入社員研修スケジュール例

新入社員研修スケジュールの一例をご紹介します。

【1日目】会場:社内セミナー室

時間 内容 担当 形式
9:00~9:30 研修オリエンテーション 研修運営事務局 講義
9:30~12:00 自社と業界に関する説明 役員 講義
(12:00~13:00) (昼休み)
13:00~14:00 就業規則に関する説明 人事担当 講義
14:20~15:20 社内設備に関する説明 総務担当 講義
15:40~17:00 仕事の進め方
(スケジュールの立て方、ホウレンソウなど)
内部講師 講義

【2日目】会場:社外会議室

時間 内容 担当 形式
9:00~12:00
(適宜休憩)
ビジネスマナー
(身だしなみ、挨拶、お辞儀、名刺、席次、訪問マナーなど)
外部セミナー 実演・ロールプレイング
(12:00~13:00) (昼休み)
13:00~15:00 電話応対 外部セミナー 実演・ロールプレイング
15:20~17:00 ビジネスライティング
(文書、メール)
外部セミナー 講義・課題提出

【3日目】会場:社内セミナー室

時間 内容 担当 形式
9:00~12:00
(適宜休憩)
チームワーク・リーダーシップ研修 外部講師 グループワーク
(12:00~13:00) (昼休み)
13:00~15:40
(適宜休憩)
プレゼンテーション研修 外部講師 グループワーク
16:00~17:00 振り返り 内部講師 グループワーク、
課題提出

新入社員研修スケジュールの雛形

新入社員スケジュールには、以下の内容を必ず記載するようにしましょう。

  • 開催日
  • 開催時間
  • カリキュラム内容
  • 担当者
  • 形式
  • 会場

スケジュールは自社に合わせたカスタマイズを

他の社員研修と比べて、まとまった期間で盛りだくさんの内容を行うのが、新入社員研修の特徴です。効果を上げるためには、受講者や研修担当者、講師にとって無理のないスケジュールを立てることがカギとなります。ご紹介したスケジュール例をヒントに、自社に合った形でスケジュールを作りましょう。

【参考】
坂川山輝夫『新入社員研修に成功する100のツボ』(太陽出版、2006年)
眞崎大輔監修、トーマツイノベーション編著『人材育成ハンドブック いま知っておくべき100のテーマ』(ダイヤモンド社、2017年)
メイジャー『教育目標と最終行動―行動の変化はどのようにして確認されるか』(1970年)
bizocean『研修計画書・日程スケジュール等の書き方・作り方』(2016年2月8日)
PHP人材開発『新入社員研修のプログラムの作り方【事例】』(株式会社 PHP研究所、2017年11月16日)

※こちらのページに掲載している情報は2017年12⽉時点のものです。


資料請求リストに追加しました