【最新版】一番人気の勤怠管理システムはどれ?おすすめサービス比較(4ページ目)

勤怠管理システムの登録数 156

2022年06月29日(水)更新

156件中 91120件表示

表示件数

並び替え

サービスをおまとめ比較できる便利な一括資料請求をご利用ください。
資料のダウンロードは無料です。

資料請求後に提供会社、弊社よりご案内差し上げる場合があります。

利用規約に同意の上

クラウドタイムカード クリエイトシステム合同会社

初期費用

なし

月額費用
1,000円~ ※利用期間は1年から
無料トライアル

あり

7日間

打刻方法
PC、タブレット、スマートフォン
給与計算
給与計算ソフト用データ出力(CSV)
カスタマイズ

あり

有料

セキュリティ
データのバックアップ
運用サポート

あり

メール、電話 ※電話は専用サーバープランとカスタマイズプランのみ

URL
http://ctsys.jp/time-card/

これだけでタイムカード 合同会社COYOSE

「これだけでタイムカード」は簡単、便利、安全に使える勤怠管理システム。時間と労力、打刻紙のコストを削減し、POSシステムとの連動で食材費と人件費を合計したコスト(FL)や日々の損益管理も可視化する。費用は1社(2店舗まで)人数無制限で5,000円/月、3店舗目以降は+月2,000円

HORENSO 株式会社トリプル・エージャパン

初期費用

あり

50,000円~

月額費用
500円/ライセンス ※勤怠管理は+200円のオプション機能
無料トライアル

あり

打刻方法
PC、タブレット、スマートフォン
給与計算
給与計算ソフト用データ出力(CSV)
URL
http://media.ho-ren-so.com/

クラウド勤怠管理システム シュキーン 株式会社インフィニットループ

シュキーンは基本的な勤怠管理機能が揃っています。 シフト機能や休暇管理機能もついています。 そのため利用と運用にあたっての学習コスト・運用コストが低く、 従業員の勤怠管理を行うのであれば十分なサービスです。 自社のルールに合わせてエクセルなどで最終的な調整を行うのであれば 打刻を簡潔に記録するパーツとしてのシュキーンは、丁度いいシンプルさを持っています。 特徴としては1日の間に複数回の打刻を記録することができ、 中抜けがあったりして複数回の打刻が発生する企業様に向いています。 また統計機能を使うことで働きすぎの従業員や忙しいチームを把握できるため、 勤怠状況から従業員の不調を兆しを早めに掴むことにも適しています。

クラウド型勤怠管理システムkinnosuke® HOYA株式会社

◇働き方改革対策も管理を自動化できます! ・時間外労働や有休取得日数などのアラート ・勤務インターバル管理 ・時間外労働チェックレポート ◇便利な機能が満載です! ・打刻漏れチェック ・シフト作成 ・英語 ・工数管理 ・打刻位置をGPS取得 など ◇「親身でレスポンスが早い」と評判のサポート ・導入から運用まで手厚いサポート。 ・従業員ごとに異なる働き方や就業規則があっても対応できます。 ■導入支援チームが、kinnosukeの設定を代行します。  経験豊富な専任の導入支援チームが、お客様の勤怠に関する事項や  課題をヒアリングし、お客様の環境に沿った、kinnosukeの設計、  設定を行うことで最適な勤怠管理システムを提案いたします。   他社勤怠では難しい要件も、プロによって最適な勤怠を実現します。

中小企業向け 人事制度・業務改革支援サービス 株式会社ヒューマン・コネクト

ヒューマン・コネクトの「中小企業向け 人事制度・業務改革支援サービス」は幅広く専門家が課題解決をサポートするコンサルティングサービスです。経験豊富なコンサルタントが人事部門の課題状況を把握、分析し、制度や規定、業務プロセスの設計から、運用後のフォローまでサポートします。企業ニーズや対応期間に合わせた柔軟な支援も可能で、業務プロセスの改革を効果的に促進させます。

Wa-算タイムレコーダー 株式会社 エクシード

初期費用

なし

月額費用
3,000円~
無料トライアル

あり

体験版アプリがダウンロードできる

打刻方法
ICカード、PC、タブレット、スマートフォン、フィーチャーフォン、GPS打刻
給与計算
給与計算ソフト用データ出力(CSV)
URL
http://info.wa-san.jp/

資料請求リストにサービスを追加するには、各サービスのチェックボックスにチェックを入れてください

156件中 91120件表示


資料請求リストに追加しました