【無料】中小企業のための技能実習・国際労働制度活用セミナー【無料】中小企業のための技能実習・国際労働制度活用セミナー

中途採用メディア(求人・転職サイト)のスカウト機能
を活用する方法

会員登録型の転職サイトの多くには、企業からユーザーに向けて、スカウトメールを送る機能が用意されています。オプション料金が発生することが一般的ですが、採用条件に合ったユーザーへ、企業から直接アプローチできるメリットがあります。優秀な人材ほど多くのメッセージを受け取ることになるため、自社の応募へとつなげるには、ユーザーが興味を持つようにメッセージの内容を工夫する必要があります。
このページでは、スカウト機能を有効に活用し、優秀な人材を採用するためのポイントを解説します。

スカウト機能とは

スカウト機能とは、企業から登録者に対しスカウトメールを送信できるサービスです。スカウトを受け取ることに同意した、すべての登録者が配信の対象になります。求人広告を見たユーザーが自主的に応募してくれるのを待つのではなく、企業から直接、ユーザーに応募を促すことができるのが魅力です。
転職サイトのスカウト機能は、メッセージを送るユーザーの抽出方法により、以下の2つに分けることができます。

自動抽出型のスカウト

条件を設定して登録者を絞り込み、該当するユーザーへメッセージを送る機能です。絞り込みの条件としては、最終学歴、職務経験、保有資格、居住地などさまざまなものがあります。メッセージを個別に作成することはできませんが、条件を満たすユーザーに対し、幅広く応募を呼びかけることができます。

個別型のスカウト

ユーザーのWeb履歴書などを確認し、個別にメッセージを送る機能です。一人ひとりの経歴や資質などを踏まえ、固有のメッセージを送ることができます。採用価値が高いと見込まれる人材に対し、強く応募を呼びかけたいときに役立ちます。

スカウト機能を活用するポイント

スカウト機能を利用するときは、スカウトを受けたユーザーが、企業に関心を持つようなメッセージを作成することが大切です。また相手から応募があったときの選考方法にも注意が必要です。心掛けておきたいポイントとして、以下の点が挙げられます。

スカウトの理由を伝える

メッセージの中で、企業が対象者をスカウトしたいと考えた根拠を必ず明らかにしましょう。自動抽出型のスカウトでは、抽出したターゲットの属性が、仕事にどのように役立つかを説明します。個別型のスカウトでは、対象者の経歴や保有資格などをもとに、オファーした動機を具体的に説明しましょう。定型的な表現を避け、スカウトを受けた理由がはっきり分かるメッセージを作ることが大切です。

他の求人との違いを明らかにする

他の求人にはない、自社の求人だけのメリットが分かる文章を心掛けましょう。優秀なユーザーほど多くのスカウトメッセージを受け取っているため、他の求人と異なる特徴がなければ、関心を持ってもらうことはできません。給与、役職、仕事の内容、職場環境など、ユーザーにとっての魅力が何かをよく検討し、メリットが分かる表現を心掛けましょう。

特典を付ける

スカウトメッセージにはできるだけ特典を付けましょう。通常の候補者にはない特典を与えることで、企業側が対象者を選考したいと真剣に考えていることが伝わります。たくさんのスカウトの中から会社に興味を持ってもらうきっかけとしても効果的です。
特典の内容としては、主に以下のものがあります。

  • 選考を免除する
    書類選考の免除、1次面接の免除、社長面接の確約など
  • 通常より良い採用条件を提示する
    マネージャー採用の確約、管理職採用の確約、優れた給与条件の提示など
  • 企業をよく知るための機会を提供する
    職場体験、会社見学など

会社がスカウトしたことを前提に選考を行う

スカウトした相手から応募があったときは、選考の場面でも、会社がスカウトした相手であることに注意しましょう。面接で志望動機や転職の理由を尋ねるときは、とくに表現に注意が必要です。「応募した理由は?」と聞くのではなく、「入社後にやってみたい仕事は?」と聞くのが適切です。採用予定人数が多いときは、選考を行う候補者の数も多くなるため、面接の前に候補者の応募の経緯を確認することを心掛けましょう。

丁寧なコミュニケーションがスカウト成功のカギ

スカウト機能を活用するときは、メッセージを受け取ったユーザーの視点で、会社の熱意が感じられるような表現を心掛けましょう。定型的な文章を使わずに、ユーザーのどんな資質に期待してオファーしたのかを伝えることが第一歩になります。

中途採用メディア(求人・転職サイト) 完全ガイドでは、独自に調査を行い、中途採用メディア(求人・転職サイト) サービス比較のページに情報をまとめています。スカウト機能を持つサービスを探すこともできますので、ぜひチェックしてみてください。 ※こちらのページに掲載している情報は2017年8月時点のものです。


資料請求リストに追加しました