はたらく若者検定|JMAM 日本能率協会マネジメントセンターはたらく若者検定|JMAM 日本能率協会マネジメントセンター

課題別 おすすめの中途採用メディア
(求人・転職サイト)

転職サイトにはさまざまな種類があります。中途採用を成功させるには、自社の状況や課題を踏まえて、目的に合ったサービスを選ぶことが重要です。このページでは、さまざまな場面に応じて、課題解決に役立つ転職サイトの特徴を説明します。

会社の知名度が低く応募が集まらないとき

会社の知名度が低く応募を集めることが難しいときは、利用者と掲載求人の傾向をチェックして、応募を集めやすい転職サイトを探しましょう。
利用者については、サイトの規模にかかわらず、採用条件に合うユーザーが多いサービスを選ぶことが大切です。登録者の構成についてのデータを確認しましょう。掲載求人については、業種や職種が近い競合他社の求人をチェックし、自社の魅力をアピールしやすい媒体を選びましょう。
また、応募が集まりづらいことが分かっているときは、成果報酬型の転職サイトもおすすめです。成果が出るまでは原則として料金がかからないため、応募がなかったときにコストが無駄になるリスクがありません。長期的に採用活動を行うときはとくにおすすめです。

短期間でできるだけ多くの人材を採用したいとき

短期間で多くの人材を採用するときは、広告機能が充実したサービスを選ぶとよいでしょう。バナーやメール広告など、ユーザーにアプローチする手段が多いサービスを選んでおけば、応募が集まらなかったときの対策が容易になります。
課金方式については、広告掲載型の転職サイトがおすすめです。掲載料金が一定のため、採用人数が多くなるほど、1人あたりの採用コストを抑えることができます。

時間をかけて少数の人材を採用したいとき

時間をかけて優秀な人材を選ぶときは、成果報酬型の転職サイトがおすすめです。求人を掲載した段階では原則として費用がかからないため、広告の掲載期限を気にすることなく、時間をかけて候補者を選ぶことが可能です。なお採用人数が増えるとコストが上がってしまう点には注意が必要です。

特定の地域で集中的に人材を採用したいとき

特定の地域のみで求人を行うときは、地域特化型の転職サイトがおすすめです。ユーザーの多くが該当する地域に住んでいるため、ターゲットとなる人材を効率的に採用することができます。大手の転職サイトに比べると合計の会員数は少ないものの、掲載費用を大きく抑えることが可能です。Web媒体での応募が集まらないときは、フリーペーパーや折込広告などの紙媒体も検討してみるとよいでしょう。

特定の業種や職種で集中的に人材を採用したいとき

特定の業種や職種のみで求人を行うときは、これらの条件に特化した転職サイトがおすすめです。該当する条件で働きたいと考えているユーザーが多く登録しているため、ターゲットとなる人材を効率的に採用することができます。また大手の転職サイトと比べ、費用を抑えることも可能です。
業種や職種を限定したサービスには、以下のものがあります。

特定業種向けのメディア
製造、運輸、IT・Web、飲食、医療、福祉、アパレル、ブライダルなど

・特定職種向けのメディア
事務、会計、法務、研究開発、技術サービスなど

できるだけ採用コストを抑えたいとき

採用コストを抑えたいときは、採用したい人材の特徴を踏まえて、採用方法を比較する必要があります。
ターゲットの地域や職種が限られているときは、それらの条件に特化したサービスを利用することで、大手の転職サイトよりもコストを抑えることができます。そうでないときも、小規模な転職サイトに複数の求人広告を掲載することで、合計のコストを抑えられることがあります。
また会社によっては、リファラルリクルーティング(縁故採用)を行ったり、ハローワーク(公共職業安定所)を利用したりすることで、大きくコストを削減できることもあります。手法を限定せずに、採用活動の進め方を検討することが重要です。

転職サイトを選ぶときは、採用の目的を明確に

採用したい人材の特徴や人数、予算、スケジュールなどによって、中途採用に適したサービスは異なります。経営者や現場の担当者と話し合い、採用活動の目的を明らかにしておくことが、会社に合ったサービスを見つけるための第一歩になります。

中途採用メディア(求人・転職サイト) サービス比較のページでは、転職サイトの機能や特徴をまとめています。サービスを探すときに活用してみてください。
※こちらのページに掲載している情報は2017年8月時点のものです。


資料請求リストに追加しました