テレワーク導入・管理にお悩みは勤怠管理クラウドサービス「勤労の獅子」にお任せください!テレワークの勤怠管理は勤怠管理クラウドサービス「勤労の獅子」

中途採用メディア(求人・転職サイト)でできること

中途採用メディアにはさまざまな機能があります。大規模な転職サイトでは、求人広告を掲載するだけではなく、ユーザーとのコミュニケーションを取るための機能が提供されていることが一般的です。また応募を待つだけではなく、企業側からユーザーにアプローチして、応募を促すことができる機能もあります。
このページでは、転職サイトの機能を理解し、自社に合ったサービスを導入することができるよう、それぞれの機能について詳しく解説します。

採用情報を掲載する機能

サイトの読者に向けて企業の求人を公開し、応募を促す機能です。転職サイトの基本となる機能です。

採用情報ページの作成

ユーザーに企業の採用情報を表示する機能です。転職の意思を持っている多くの人材が転職サイトへアクセスするため、効率的に求職者へアプローチすることができます。
採用情報ページを作成するには、原則として掲載企業が原稿を用意し、入稿する必要があります。入稿はWebの管理者用ページから行うことが一般的ですが、メールやFAXで行われることもあります。またサイト運営会社や代理店の担当者が会社を取材し、原稿を作成することもあります。
求人情報として掲載する内容には、主に以下のものがあります。

  • 会社概要(事業内容、所在地、従業員数、資本金、設立年など)
  • 応募要項(仕事の内容、給与、雇用形態、勤務地、勤務時間、休日・休暇、福利厚生など)
  • 求める人物像
  • 選考スケジュール
  • 会社からのメッセージ
  • 問い合わせ先

大手の転職サイトでは、プランごとに文字数や写真の点数が決まっていることが多く、上位のプランほど露出量が増えるように設計されています。社員インタビューなどのコンテンツが、オプションとして用意されていることもあります。採用したい人材の特徴や数、会社の知名度などを踏まえ、適切なプランを検討する必要があります。

採用情報ページへのアクセスを増やすための機能

転職サイトに求人広告を掲載するだけでは、アクセスするユーザーの数は限られます。多くの転職サイトでは、企業とユーザーの接点を増やすためのサービスが提供されています。

バナー広告の掲載

バナー広告とは、Webページの固定された枠に画像などを表示する広告手法のことです。多くの転職サイトには、採用情報ページへのアクセスを増やすために、サイトの内外にバナー広告を掲載できるサービスがあります。また、検索結果ページの上位に推薦枠として表示できるサービスもあります。オプション料金が発生し、露出回数の多い枠ほど高額になります。

メール広告の配信

会員登録を行っているユーザーに向けて、メール広告を配信するサービスです。サイトへアクセスしていないユーザーにも、情報を直接届けることができるのが特徴です。
主なメール広告には以下のものがあります。

  • 新着求人メールでの情報掲載
  • 定期メールマガジンでの情報掲載
  • 号外メールへでの情報掲載

メールの配信数や掲載する文字数が多いほど、料金が高額になります。一部のターゲットにだけ情報を届けたいときは、条件に合う登録者だけを抽出してメールを送信できるサービスが役立ちます。

企業から登録者にアプローチするための機能

ユーザーからの応募を待つのではなく、企業側からユーザーにアプローチして、応募を促すことができる機能です。オプション料金が発生しますが、条件に合った登録者に対し、積極的に働きかけることができるメリットがあります。

スカウト機能

登録者に対し、スカウトメールを送信する機能です。「ダイレクトメッセージ」「特別オファー」などの名称が使われることもあります。最終学歴、職務経験、スキル、資格、居住地などの条件で登録者を絞り込み、条件に合うユーザーへメッセージを送ります。サービス会社の担当者が企業からヒアリングを行い、配信対象者を決めることもあります。
メッセージは定型文のみのものと、ユーザーごとに文言を変更できるものがあります。個別にスカウトを行うときは、「1次選考免除」「管理職採用」などの特典を付与して応募を促すこともあります。いずれもオプション料金が発生することが一般的ですが、条件に合った登録者へ、積極的に自社をアピールできるのが魅力です。

応募者とコミュニケーションを取るための機能

求人を見たユーザーから応募があったときは、応募者と繰り返しやりとりをしながら、選考を進めることになります。会員登録型の転職サイトでは、管理者用のページが用意されており、サイト上でユーザーとコミュニケーションを取れることが一般的です。

応募フォーム

求人への応募を受け付けるためのフォームです。ユーザーは必要な情報を登録することで、電話やメールを使わずに、求人へ応募することができます。企業にも、応募者の情報をサイト上で管理できたり、自動で応募受付メールを配信できたりするメリットがあります。また求人への応募とは別に、会社説明会の応募を受け付けるフォームを設置できることもあります。

応募者管理機能

応募者の選考状況を管理できる機能です。管理者用ページから応募者へメッセージを送ったり、面接の日程を調整したり、選考結果を伝えたりすることができます。応募者の人数が多いときは、応募者の評価を記録できたり、応募者のデータをダウンロードできたりするサービスも役立ちます。転職サイトにより機能が異なるため、事前にサイト運営会社や代理店の担当者に確認しておきましょう。

採用計画を踏まえて、会社に合ったサービスの選定を

転職サイトにはさまざまな種類があります。豊富な機能が備わった総合型サービスと、低コストが売りの特化型サービスでは、人事担当者が行う作業も大きく異なります。担当者のスケジュールや予算も踏まえて、採用計画に合ったサービスを選びましょう。

中途採用メディア(求人・転職サイト) サービス比較のページでは、機能ごとにサービスを絞り込んで比較することができます。ぜひ活用してみてください。※こちらのページに掲載している情報は2017年8月時点のものです。


資料請求リストに追加しました