労務リスクに備え、働き方改革を支援する。勤怠管理システムVG Cloud労務リスクに備え、働き方改革を支援する。勤怠管理システムVG Cloud

採用適性検査『ProViT』株式会社ビビッド・ジャパン

サービスガイドTOPへ
対象従業員規模
10名以上
対応エリア
全国
サービス対象者
中堅社員、一般社員、新入社員、アルバイト・パート、内定者
最低契約期間
なし
費用モデル
初期費用:1IDあたり30,000円(導入時のみ)、受検1回につき3,000円
実績
提供するサービスの性質により導入企業名は公開しておりません。導入されている企業様の業界・業種は以下の通り多岐にわたっております。 システム開発、ソフトウェア開発、介護サービス、メーカー及び製造業、商社、流通関連、不動産関連、情報メディア、設計事務所、制作会社等など
カテゴリ
安全衛生健康・メンタルヘルス管理採用その他適性検査・アセスメント
面接で見抜くことが難しい人物の本質を測定することを可能にした、「脳科学・統計学」に基づき開発された採用適性検査です。

ビビット・ジャパンの採用適性検査「ProViT」は離職傾向をはじめとする従業員の採用リスクを判定する採用適性検査サービスです。脳科学と統計学に基づく精度の高い方法を用いた検査をマルチデバイス対応のWEB受検で実施でき、採用による経営リスクの低減が期待できます。

解決できる課題

コストを掛けて採用・教育を行っているのに社員が定着せずに離職率が高い
コロナ対策として紙の適性検査ではなくWEB受検できる適性検査を探している
メンタル面の問題から休職者が増え、業務に支障が出てきている

期待できる効果

面接では見抜くことが難しい採用リスクのある人材を見出すことができるWEB受検可能な採用適性検査

採用リスク(離職傾向・メンタル疾患発症傾向・情報漏えい傾向等)のある人材は平均14%(7人に1人)出現することが分かっています。そのようなリスクを心理学系の採用適性検査や面接だけで把握することは困難です。ProViTは脳科学と統計学に基づいて開発されており、採用による経営リスクを低減することができるWEB受検型(マルチデバイス対応)の採用適性検査です。

サービスの特徴

メンタル疾患発症傾向・ストレス耐性を分析

面接時の受け答えだけでは判断が難しいメンタル疾患発症傾向やストレス対応力ですが、ProViTなら人権問題にならないテスト手法で、ストレスに対応する力、メンタル疾患発症傾向を把握できます。

設問意図が分かりにくい質問形式で本質を把握

心理学をベースとした適性検査は設問の意図がある程度受検者が類推可能なため、意図的な回答で装うことが可能でした。ProViTは質問文から設問意図が分かりにくいため結果を類推した意図的な回答ができませんし事前に対策を行うこともできません。

受検はマルチデバイス対応

Windows OSパソコン、スマートフォン(iPhone、android)、タブレット等で受検可能で、受検者にとっても利便性が高い適性テストのツールとなっています。また、受検時に質問文や選択肢をダウンロードして回答するオフライン・システムを採用しているため、通信環境の影響を受けることなく回答可能です。

サービス詳細

編集部のココが違う!

マルチデバイス対応で受検しやすく、脳科学と統計学をベースにした精度の高い判定で採用リスクのある人材を事前に把握できる。

サービス提供元情報

社名・団体名
株式会社ビビッド・ジャパン
所在地
東京都千代田区内神田1-4-14 井上ビル5F
事業内容
●採用強化ソリューション:脳科学・統計学による高精度 採用適性検査「ProViT」の販売とサポート
●RPAソリューション:マルチベンダーRPAコンサル・インプリ
●営業マーケティングソリューション:①SEO内部施策サービス及びSEOベースのサイト制作 ②入札情報速報サービスNJSSの販売とサポート ③名刺デジタル化サービス【Lite(ライト)】の販売とサポート
●社会セーフティーソリューション:徘徊対策・子供見守り 位置情報サービス「お守り型GPS」の販売とサポート
設立年月
2010年12月
国内拠点
東京
サービスサイトURL
https://provit.jp

あなたにオススメのサービス

関連記事

最近見たサービス


資料請求リストに追加しました