【若手リーダー育成】チームワーク力を高める問題解決ワークショップ公益社団法人日本バリュー・エンジニアリング協会

サービスガイドTOPへ
対象従業員規模
10名以上
対応エリア
全国
サービス対象者
中堅社員、一般社員
最低契約期間
2日間~
費用モデル
公開講座(52,650円)、10名以上出張開催(30万円~)※詳細はお問い合わせください。
実績
製造業、建設業、サービス業はじめ、あらゆる業種・職種の企業様が導入。年間1,000名以上の受講実績があります。
カテゴリ
テーマ別研修、マネジメントスキル研修
体系化された思考手順とチームデザインで問題解決する手法を2日間で習得できます

日本バリューエンジニアリングの「【若手リーダー育成】チーム力を高める問題解決ワークショップ」は、体系化された思考プロセスとチームデザインで問題解決手法が身に付けられる研修サービスです。“バリュー・エンジニアリング”という、課題や問題の「機能」に着目した新しい手法を用いて問題解決力を鍛えます。

サービスの特徴

座学と演習を通じてVE の理論と実践を学ぶ2日間

仕事やサービスを機能で捉えるというVEの考え方の理論と実施手順を講義で学んだ後、具体的なテーマを使ったグループ演習を行います。5、6名で1チームを編成し、VEの実施手順に従って対象テーマの改善案を検討していきます。
そして、各チームの提案発表会を行い、それぞれの改善成果を確認します。最後に、研修で学んだことを実務に生かすポイントや質疑応答で締めくくります。

チーム力で課題解決を図る実践ワークショップ

自社製品やサービスや業務には常に課題がつきものです。それらを社内、あるいは社外の関係者と共にチームでうまく解決することができれば、組織の風通しが良くなり、社員の動機づけになるほか、専門領域の異なる他部門の人々ともスムーズにコミュニケーションを図ることができます。
若手社員のうちにこのようなスキルを習得すれば、次世代リーダーとしてのキャリア形成にも大変有効です。

具体例でしっかり学べる改善マインド

課題を解決したり現状を改善するためには、「改善手法」や「管理技術」といった一定の手順を使った手法が有効です。
本講座は、その改善手法を応用し、理論だけでなく実践で生かすことを目的としています。演習では、ある飲食業を想定し、価値を高める方法を検討します。具体的テーマを使ったワークショップ形式の研修は、改善手法が初めての方や若手社員の方にも楽しく受講いただけます。

編集部のココが違う!

現代の若手社員に必要とされる、直面した課題に対して周囲と協働しながら創造的に解決していくスキルが2日間で養える。

サービス提供元情報

社名・団体名
公益社団法人日本バリュー・エンジニアリング協会
所在地
東京都世田谷区駒沢1-4-15 真井ビル 6階
事業内容
バリュ-・エンジニアリング(VE)に関する能力開発・知識・技能の向上を目的とした講座・資格認定・継続教育事業、組織におけるVEの普及促進を目的とした講習・研究開発・表彰事業、VEに関する専門図書及び資料の販売事業、VEに関する個別指導事業、VEに関する会員の相互研鑽事業、その他本会の目的を達成するために必要な事業
従業員数
9名
設立年月
1965年4月

あなたにオススメのサービス

関連記事


資料請求リストに追加しました