Six Stars Consulting株式会社

しっくす・すたーずこんさるてぃんぐかぶしきがいしゃ

17件中 110件表示

  • 1
  • 2

【第17回】研修マスターの6つ星“指南術”

忙しすぎる管理職が「仕事を2割減らせる」とっておきの方法

「管理職の業務量が増加している」という話は多方面で聞きます。それを裏付けるのが、産業能率大学が2017年11月に実施した「第4回 上場企業の課長に関する実態調査」。「業務量が増加しているかどうか」についての設問に管理職の58.9%が「増加している」と回答。調査開始以降、過去最高という結果になりました…

【第16回】研修マスターの6つ星“指南術”

ハラスメントを引き起こしやすい管理職の特徴とその対策

さまざまな業界でパワーハラスメントの問題が顕在化し、メディアでも頻繁に取り上げられた平成30年。研修で伺った企業の教育担当者から「ハラスメントの自覚のない管理職に困っている」や、逆に管理職からは「ハラスメントが気になり、部下に言いたいことが言いにくくなった」、と相談を受けることが増えました。 …

【第15回】研修マスターの6つ星“指南術”

「曖昧な指示」を「的確な指示」に変える3つのポイント

若手社員の中には、「上司の指示が曖昧」と感じている人が多いようです。特に最近では、さまざまな組織においてハラスメント問題などが取り上げられ、若い世代とベテラン世代の意識やコミュニケーションにギャップが生じていることが浮き彫りになっています。 そこで今回は、なぜ「的確な指示を出す必要があるのか」…

【第13回】研修マスターの6つ星“指南術”

職場の若返り効果が期待できる新入社員育成術

最近は、「新入社員のフレッシュさが長続きしない」、「あっという間に職場に染まる」、「気配が消える」という声をよくお聞きします。なぜ多くの職場で、このようなことが起きやすくなっているのでしょうか? 今回は、新入社員が職場に染まりやすい理由と、フレッシュさを長続きさせるための「セルフマネジメント」の方法…

【第12回】研修マスターの6つ星“指南術”

研修成果が問われる時代、意識と行動が変わる研修企画のポイントは?

研修のご担当者様から「研修成果をどう測ればいいでしょうか?」というご質問をよくいただきます。今回は、研修参加者が新たな考え方や方法を受け入れ、「学んだことを試してみたい」という気持ちにさせるためにはどうしたらよいか、という視点で、研修に取り組むポイントをご紹介します。

【第11回】研修マスターの6つ星“指南術”

仕事の進め方が違う「中途入社社員」と、空気の良いチームを組むには?

中途入社社員が思ったようなパフォーマンスをあげてくれなくて……」という声を、採用担当者の方からよくお聞きします。しかしこのようなことは、どこの職場でも起こりがちなこと。それでは、どんなことに留意すると、中途採用者が職場に馴染み、本来の力を発揮できるでしょうか。今回はその点…

【第10回】研修マスターの6つ星“指南術”

「指示や依頼を断る部下」の能力を引き出すマネジメント

依頼した仕事をはっきり断る、飲み会には行かない……理解できない部下の態度に、困惑している管理職の方も多いのではないでしょうか。今回のコラムでは、一見無気力にも見える「個性の異なる部下」の能力を引き出し、マネジメントしていくためのコツを、例を交えながらご紹介していきます。

【第9回】研修マスターの6つ星“指南術”

部下の自立を促すために、リーダーは「聴くこと」に集中せよ!

「会議やミーティングでほとんど意見が出ない」「自分から提案してこない」「自分から報告や相談に来ない」という部下や後輩を持つ上司やリーダーから、「自分で考えて動けるようにするにはどうしたらいいでしょうか?」という相談を受けることがあります。そこで今回は、部下や後輩の自立を促すコミュニケーションのポイン…

【第8回】研修マスターの6つ星“指南術”

新入社員の入社日を不安にさせないために、先輩社員ができること

もう何十年も前になるのに今でも鮮明に覚えているのが、生命保険会社に入社し配属先の職場に初めて行った日のこと。オフィスの入り口に「入社おめでとう!」と書かれた模造紙が張られ、頭上にはカラフルな輪飾りが取り付けられており、とてもビックリしました。「あぁ、歓迎されている」と感じ、とても嬉しかったです。残念…

17件中 110件表示

  • 1
  • 2


資料請求リストに追加しました