自社の勤務体系にフィットする勤怠管理システムの選び方

2019年4月1日、働き方改革関連法案が施行されました。
今後は時間外労働や休日労働の管理を含め、これまで以上に正確な労務管理が求められるようになります。
勤怠情報を正確に記録し、また集計するためには膨大な手間とコストが必要だということは言うまでもありませんが、一方で勤怠管理システムの導入に二の足を踏んでいる企業も少なくありません。
導入したものの自社の状況にフィットせず、かえって手間を増やしてしまうケースさえあります。
そこで、勤怠管理システムの導入や乗換えを成功させるためのシステムの選び方をまとめました。
自社の勤務体系にマッチし、従業員と管理者の双方のニーズに応えるシステムを選び出すためのチェックポイントをご紹介しています。

@人事・ホワイトペーパー・自社の勤務体系にフィットする勤怠管理システムの選び方のインサート画像

自社の勤務体系にフィットする勤怠管理システムの選び方

勤怠管理システムの導入や乗換えを成功させるためのシステムの選び方をまとめた資料(ホワイトペーパー)です。

無料で資料ダウンロード

【ご注意】

本資料をダウンロードいただきますと、当コンテンツの情報掲載事業者である株式会社イーディアスへ、会員情報の一部(会社名、氏名、メールアドレス、電話番号等)が提供されます。 株式会社イーディアスより、サービスやセミナー等のご案内が届く場合がございます。ご同意の上、ダウンロードボタンをクリックしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


資料請求リストに追加しました