【ホワイトペーパー】世界基準の英語力指標 CEFRとCEFR-Jとは

従業員が話している英語、“世界基準”ですか?

CEFR(セファール)という言葉をご存じですか?
本資料では、CEFR、CEFR-Jを指標として取り入れるメリットと、国内ではまだ少ないCEFR-Jに準拠した英語研修を解説します。

目次

・CEFR(セファール)とは
・CEFRの特徴とメリット
・CEFRの活用事例
・CEFR- Jとは
・CEFR- Jのメリット
・C E F R - J 準拠のサービス・提供企業

 

従業員が話している英語、“世界基準”ですか?グローバル化を進める企業は

CEFR(セファール)という言葉をご存じですか?本資料では、CEFR、CEFR-Jを指標として取り入れるメリットと、国内ではまだ少ないCEFR-Jに準拠した英語研修を解説します。

無料で資料ダウンロード
  

【ご注意】

本資料をダウンロードいただきますと、当コンテンツの情報掲載事業者である株式会社スピークバディへ、会員情報の一部(会社名、氏名、メールアドレス、電話番号等)が提供されます。 株式会社スピークバディより、サービスやセミナー等のご案内が届く場合がございます。ご同意の上、ダウンロードボタンをクリックしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


資料請求リストに追加しました