【無料セミナー】労務トラブル事例から学ぶ!労基署・裁判所はそれぞれ何を見るのか?|アマノ株式会社【無料セミナー】労務トラブル事例から学ぶ!労基署・裁判所はそれぞれ何を見るのか?|アマノ株式会社

【ホワイトペーパー】出社とリモートワークを組み合わせた「ハイブリッド勤務」でも生産性を上げる4つの施策

働く場所が違っても心理的安全性は作れる?

心理的安全性が高い状態で保たれていると、生産性も向上しやすくなると言われています。
しかし、ニューノーマルな働き方が広まったことによって、出社とリモートワークを併用する「ハイブリッド勤務」の企業が増えました。全員が同じ場所で働く機会が減ったことで、心理的安全性を作り出すためのコミュニケーションが不足し、さらには人事やマネージャー層が直面しているマネジメント課題が増えている要因にもなっています。

このホワイトペーパーでは、コミュニケーション機会の減少によって起こるチームの生産性低下を解決する施策を紹介します。
あわせて、多くの企業のリモートワーク定着支援を行ってきた株式会社クロスリバーの代表取締役・越川慎司氏のTips(アドバイス)も参考にしてみてください。紹介する内容は、勤務スタイルが選べるようになった後、出社を再び始める企業でも、良質なコミュニケーションを創出するノウハウとして活用できるでしょう。

関連資料:【ホワイトペーパー】狙いたい効果から考える社内コミュニケーション活性化「企業課題別おすすめ8施策を紹介」

目次

・働く場所が違っても生産性が高いチームの法則
・心理的安全性が確保されないことで起こりうるトラブル
・ハイブリッド勤務でも生産性を上げるためにできる工夫
・We Proudly Serve Starbucks™のご紹介

出社とリモートワークの「ハイブリッド勤務」でも生産性を上げる4つの施策

コミュニケーション機会の減少によって起こるチームの生産性低下を解決する施策を紹介します。出社を再開する際にも良質なコミュニケーションを創出するノウハウとして活用できる内容です。

無料で資料ダウンロード
  

【ご注意】

本資料をダウンロードいただきますと、当コンテンツの情報掲載事業者である@人事へ、会員情報の一部(会社名、氏名、メールアドレス、電話番号等)が提供されます。 @人事より、サービスやセミナー等のご案内が届く場合がございます。ご同意の上、ダウンロードボタンをクリックしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


資料請求リストに追加しました