「目標設定と達成度」に関するアンケート調査レポート

コロナ禍で変化を迫られる企業が多い中、マネジメント力と個々人の自立力の向上が対応の鍵を握る

2020年10月~11月に、従業員数301名以上の企業に所属する課長職以上の人事担当者、経営者を対象にアンケート調査を実施しました。その調査結果から、経営目標と個人目標のつながりや、コロナ禍での影響や変化、各社の課題感などを探った。

目次

1.経営目標と個人目標につながりはあるか?
 目標が完全に可視化されている企業は18%
2.新型コロナウイルスが経営目標に与えた影響とは?
 およそ9割の企業が何らかの形で「影響を受けた」
3.コロナ禍において7割以上の企業が
 当初の目標設定を変更せざるをえない状況に
4.変化が激しく先行きの見えない時代からこそ
 経営戦略や目標設定の在り方を見直そう
5.調査概要

「目標設定と達成度」に関するアンケート調査レポート

2020年10月~11月に、従業員数301名以上の企業に所属する課長職以上の人事担当者、経営者を対象にアンケート調査を実施しました。

無料で資料ダウンロード
  

【ご注意】

本資料をダウンロードいただきますと、当コンテンツの情報掲載事業者であるフランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社へ、会員情報の一部(会社名、氏名、メールアドレス、電話番号等)が提供されます。 フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社より、サービスやセミナー等のご案内が届く場合がございます。ご同意の上、ダウンロードボタンをクリックしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


資料請求リストに追加しました