勤怠管理システム「活用術編」

勤怠管理システムを最大限使いこなすための「活用術」を紹介

企業が従業員の勤怠管理を行うことは労働基準法などの法令を守るために重要なことです。
「勤怠管理システム」を活用すれば管理の幅が広がり、業務の効率化が進むことは間違いありません。
ただ同じ勤怠管理システムでも、サービスごとにさまざまな特徴があります。導入を成功させるにあたっては自社の環境や予算、職場の人数を踏まえたうえで、どのような機能が必要かをしっかり把握して、事前によく検討する必要があります。
そこで、@人事編集部は勤怠管理システムを有効活用し、成果を出すための情報をまとめた「勤怠管理システム完全ガイド」を企画しました。
この「活用術編」では、勤怠管理システムを導入する流れから、そのために必要な情報や機器・環境についてまとめています。またトラブルへの対策や勤怠管理システムを最大限に活用するためのポイントについても解説します。

勤怠管理を効率化するための「基礎知識」と自社にぴったりの勤怠管理システムの「選び方」を紹介

勤怠管理システム「基礎知識編」はこちら
https://at-jinji.jp/library/32

勤怠管理システム「選び方編」はこちら
https://at-jinji.jp/library/33

勤怠管理システム「活用術編」

勤怠管理システムを導入する流れから、そのために必要な情報や機器・環境についてまとめています。またトラブルへの対策や勤怠管理システムを最大限に活用するためのポイントを解説。

無料で資料ダウンロード

【ご注意】

本資料をダウンロードいただきますと、当コンテンツの情報掲載事業者である株式会社イーディアスへ、会員情報の一部(会社名、氏名、メールアドレス、電話番号等)が提供されます。 株式会社イーディアスより、サービスやセミナー等のご案内が届く場合がございます。ご同意の上、ダウンロードボタンをクリックしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


資料請求リストに追加しました