高卒採用の教科書 「高校訪問」基本のキ

高卒採用において高校訪問は必須なのか?

高卒採用を実施されたことのある担当者様であれば、「高卒採用において高校訪問は必須なのか」と疑問をお持ちの方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?結論から申し上げると、採用確度を少しでも上げるためにも高校訪問は非常に重要なので、できる限り行っていただくことをおすすめします。

高校新卒の就職活動は、ほとんどが学校による職業あっせんによるもので、学校に届く求人票から情報収集を行っています。多い学校には数千社からの求人票が届くため、その中から自社の求人を選んでいただき、生徒に勧めてもらうためには、学校の先生との関係構築は必要不可欠です。

今年は、新型コロナウイルス拡大の影響を受け、高校現場においては休校明けの学校カリキュラムへの対応や学習指導の遅延対応などで、進路指導に関する業務が圧迫されることが懸念されています。
また、例年と異なるスケジュールとなっていることも踏まえ、注意すべき点も多々あります。

本書では、下記のようなお悩みをもとにコロナ環境下における採用成功に向けた高校訪問のポイントについて解説していきます。
●なぜ高校訪問をしたほうがよいのか…
●今年の高校訪問について先生はどう考えているのか…
●いつ、どんな高校に訪問すれば効果的か…
●先生にどんなことを話せばよいのか…

目次

・2021卒の採用活動の流れ
 ポイント01:高卒採用の基本的な流れ(スケジュールのおさらい
 ポイント02:高卒採用ルールについて ~キーマンは先生!?~
 ポイント03:先生へのPR!自社で実施する2つの代表的な採用活動手法
・コロナ渦における高校訪問
 学校の先生の本音
・高校訪問を行う
 訪問活動における事前準備
・まとめ:高校訪問は高卒採用の基本のキ

「高校訪問」基本のキ

・今年度の採用活動の流れは?
・高校訪問はどう実施する?
・高校へ訪問する際に注意すべきポイント

無料で資料ダウンロード
  

【ご注意】

本資料をダウンロードいただきますと、当コンテンツの情報掲載事業者である株式会社ジンジブへ、会員情報の一部(会社名、氏名、メールアドレス、電話番号等)が提供されます。 株式会社ジンジブより、サービスやセミナー等のご案内が届く場合がございます。ご同意の上、ダウンロードボタンをクリックしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


資料請求リストに追加しました