【ホワイトペーパー】「オンラインコミュニケーション」実態調査

~在宅勤務の増加で、ビデオ会議やチャットはどこまで定着したのか~

2020年4月から5月にかけて発出された緊急事態宣言を受けて、一気に増加した在宅勤務。2021年も1月から2度目の緊急事態宣言が発出され、実施期間が再び延長となっています。
個々の接続環境の差や勤怠管理、コミュニケーション手段といった課題から定着が難しいとも言われる在宅勤務制度ですが、実際に在宅勤務を行っている会社員は、どのように感じているのでしょうか。
オンラインコミュニケーションツールの利用頻度や使用感・不満点など、実態を調査しました。

目次

P2.トピック:在宅勤務の増加で、コミュニケーション手段はどう変わった?
P3.どれぐらい使われている? コミュニケーション手段-使用頻度
P4.実際の使いやすさは? コミュニケーション手段-使いやすさ・仕事のしやすさ
P5.今後欠かせないのは? 今後(も)積極的に使っていきたいコミュニケーション手段
P6.もっと広く浸透するためには?オンラインコミュニケーション浸透のハードルとなる課題
P7.どれぐらい重要? 転職先を選ぶ際の、在宅勤務制度やオンラインツール導入状況の重要度
P8.在宅勤務と出社が混在する職場にもオススメ!社員の“今”を共有できる在席管理ツール せきなび
P9.貢献や感謝を可視化して送り合う、社員間コミュニケーションツール Smileボーナス
P10.アスマークのHRテクノロジー Humap(ヒューマップ)

「オンラインコミュニケーション」実態調査

ビデオ会議やチャット等オンラインコミュニケーションの頻度や使用感・不満など、実態を調査しました。

無料で資料ダウンロード
  

【ご注意】

本資料をダウンロードいただきますと、当コンテンツの情報掲載事業者である株式会社アスマークへ、会員情報の一部(会社名、氏名、メールアドレス、電話番号等)が提供されます。 株式会社アスマークより、サービスやセミナー等のご案内が届く場合がございます。ご同意の上、ダウンロードボタンをクリックしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


資料請求リストに追加しました