1on1推進や実行の工夫・挑戦を共有!「1on1 Days」8/3-5 14:00-17:001on1推進や実行の工夫・挑戦を共有!「1on1 Days」8/3-5 14:00-17:00

新卒採用した社員の離職を防ぐ!オンボーディングの実践方法

新入社員の離職率は、現在非常に高く、入社から3年以内に離職する率は3~6割だといわれています。
また、 新卒社員だけではなく、中途社員であっても、離職を防ぐことは企業の課題です。労働人口が年々減少する中、採用した人材がチームに定着することは、急務であるといえるでしょう。
早期離職に至る理由にはさまざまなものがありますが、そのなかでも多いものが「職場になじめない」「企業と合わないと感じた」という課題です。こうしたものは、入社後の研修プロセス「オンボーディング」により防げる可能性があります。
今回の記事では、オンボーディングがもたらす効果、実際の進め方について紹介します。

目次

・オンボーディングがもたらす効果とは
・オンボーディングの実践例
・オンボーディングは全社で取り組むことで最大の効果を発揮する

 

新卒採用した社員の離職を防ぐ!オンボーディングの実践方法

オンボーディングがもたらす効果やオンボーディングの実践例など、社員の離職を防ぐオンボーディングの実践方法を紹介します。

無料で資料ダウンロード
  

【ご注意】

本資料をダウンロードいただきますと、当コンテンツの情報掲載事業者である株式会社アックスコンサルティングへ、会員情報の一部(会社名、氏名、メールアドレス、電話番号等)が提供されます。 株式会社アックスコンサルティングより、サービスやセミナー等のご案内が届く場合がございます。ご同意の上、ダウンロードボタンをクリックしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


資料請求リストに追加しました