人事の学び舎vol.15 オンライン元年 ナビとスカウトでつくる Web新時代の採用スタンダード人事の学び舎vol.15 オンライン元年 ナビとスカウトでつくる Web新時代の採用スタンダード

調査データから導き出す効果的な安全運転指導法を紹介! 運転時のヒヤリハット体験と安全運転実態の調査レポート

安全運転を常に意識しているのに83%がヒヤリハット体験!? 運転する社員のホンネと事故防止のポイントを調査データをもとにご紹介

管理者の目が届きづらいからこそ、把握が難しい社用車の利用実態。安全運転のための講習などを行いつつも、その効果に自信をもてていない企業は多いのではないでしょうか。そこで今回、業務で社用車を運転する400名に調査を実施し、安全運転の実態を追いました。実態調査を踏まえた対策を検討することで、企業に求められる次の一手も見えてくるはずです。
社員の安全運転意識を高め、事故防止を図るためには何が必要なのか。本稿では、最新の調査データをもとに明らかにしていきます。

目次

1章 業務で社用車を運転する会社員の実態
・車を使う際に感じている不安
・経験したことのあるヒヤリハットとは?
・実際に起こしてしまった事故
・安全運転のため会社にサポートしてほしいこと

2章 実態調査からみる、企業に求められる対策とは
・ヒヤリハットは潜在事故
・安全運転意識を高めるのは「自分ごと化」
・今、会社に求められていることは「事故予備軍に対する対策」

3章 継続的な安全運転意識をサポートする「ビークルアシスト」

 

調査データから導き出す効果的な安全運転指導法を紹介!

安全運転を常に意識しているのに83%がヒヤリハット体験!?
運転する社員のホンネと事故防止のポイントを調査データをもとにご紹介します。

無料で資料ダウンロード
  

【ご注意】

本資料をダウンロードいただきますと、当コンテンツの情報掲載事業者であるパイオニア株式会社へ、会員情報の一部(会社名、氏名、メールアドレス、電話番号等)が提供されます。 パイオニア株式会社より、サービスやセミナー等のご案内が届く場合がございます。ご同意の上、ダウンロードボタンをクリックしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


資料請求リストに追加しました