入社時の契約作業を効率化する  電子契約システム一括比較オンラインセミナー入社時の契約作業を効率化する  電子契約システム一括比較オンラインセミナー

「副業特区」活用のヒント Vol.4シニア 活性・活躍支援

96.1%が「不安あり」と回答。シニア 活躍を見据え た50代・ミドルシニアの活性化方法とは?

世界に類を見ないほどのスピードで日本の高齢化は進んでいます。
今や65歳が人口の約3割を占める一方、人口の減少が続く日本。この傾向は2060年まで続くと言われています。高年齢化は、労働力人口の減少とも負の相関があります。

こうした状況を踏まえ、高年齢者等雇用安定法により 65 歳未満の定年の定めをしているすべての事業主は、以下のいずれかの措置をとらなければなりません。
① 定年引上げ
② 継続雇用制度の導入→原則として希望者全員を対象とする
③ 定年の定めの廃止

また、政府主導で高齢者等の再就職の支援・促進や起業の支援などの取り組みを行っているものの、2065年の労働力人口は、2016年比40%減になると見込む声もあります。
企業の視点では、高齢者の雇用を創出し続けなければなりません。個人の視点では、エンプロイアビリティ(※)を高めていかねばなりません。しかしながら、企業による高齢者雇用は、総じて遅れていると言われています。

資料のTOPIC

・労働力人口の減少、止まらぬ高齢化
・50代の人材開発が肝
・立ちはだかるデジタルの壁
・「修羅場体験」で火をつけることも

96.1% が「不安あり」。ミドルシニア ・ 50 代の人材育成

世界に類を見ないほどのスピードで日本の高齢化は進んでいます。
今や65 歳が人口の約 3 割を占める一方、人口の減少が続く日本。この傾向は 2060 年まで続くと言われています。

無料で資料ダウンロード
  

【ご注意】

本資料をダウンロードいただきますと、当コンテンツの情報掲載事業者である株式会社エンファクトリーへ、会員情報の一部(会社名、氏名、メールアドレス、電話番号等)が提供されます。 株式会社エンファクトリーより、サービスやセミナー等のご案内が届く場合がございます。ご同意の上、ダウンロードボタンをクリックしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


資料請求リストに追加しました