新時代の「社員名鑑」 社員を通じて、会社の魅力を社内外に訴求しませんか?新時代の「社員名鑑」 社員を通じて、会社の魅力を社内外に訴求しませんか?

よくある残念な英語研修 VS 成果を出した英語研修の短期計画

残念な英語研修してませんか? 目標設定で見落としてはいけないこと

近年、グローバル化が進み、ビジネスの場において英語の必要性は年々高まってきています。働き方改革や新型コロナウイルスの影響でテレワークの浸透が加速している今、利便性の高いオンラインでの英語研修が注目されています。

いざグローバル人材育成のため研修を導入し、「研修後のテストでハイスコアを残す」という目標設定をしてしまうと、残念ながら本質的な実力はついていません。なぜなら、英語の習得には最低1000時間の学習が必要で、毎日学習したとしても習得には数年かかるのです。大事なのは「研修中に従業員が生活の中で英語に触れる習慣を作り、研修が終わっても自ら学ぶ意欲を育てること」が大切なのです。

グローバル人材育成を自走できる本質的な学習のサポートがそろっています。詳しくは資料をご覧ください。

残念な英語研修してませんか?目標設定で見落としてはいけないこと

グローバル人材育成を自走できる本質的な学習のサポートがそろっています。詳しくは資料をご覧ください。

無料で資料ダウンロード
  

【ご注意】

本資料をダウンロードいただきますと、当コンテンツの情報掲載事業者であるビズメイツ株式会社へ、会員情報の一部(会社名、氏名、メールアドレス、電話番号等)が提供されます。 ビズメイツ株式会社より、サービスやセミナー等のご案内が届く場合がございます。ご同意の上、ダウンロードボタンをクリックしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


資料請求リストに追加しました