入社時の契約作業を効率化する  電子契約システム一括比較オンラインセミナー入社時の契約作業を効率化する  電子契約システム一括比較オンラインセミナー

グローバル人材が育つ! 効果的な英語研修を実施するためのポイント

社員がビジネスで通用する英語スキルを効果的に習得できるよう、研修方法を検証するためのポイントを解説したe-bookです。

ビジネスのグローバル化が進み、海外企業のM&Aや外国人材の受け入れが活発になった今、海外に拠点を持つ一部の企業だけでなく、あらゆる企業・あらゆる部門でグローバル人材の必要性が増しています。ところが、英語研修や学習費用補助などの施策を打っても、社員の英語スキルを向上させることは容易ではありません。

研修担当者の中には「ただ研修を実施するだけになっている」「思うように成果が出ない」と悩む方も多いのではないでしょうか。このe-bookは、英語研修でよくある課題と原因を分析しつつ、研修担当者や人事・総務担当者が効果的な英語研修を実施できるよう、研修形式や効果検証の方法など研修を見直すための5つのポイントを紹介します。

目次と収録内容紹介

P.3 英語研修でよくある課題とその原因
1 社員のモチベーションを維持できない
2 初級者のボトムアップができていない
3 研修時間がとれない
4 成果を可視化できない
P.6英語研修5つの見直しポイント
1 研修の目的は明確か
2 研修形式は適切か
3 効果測定方法は適切か
4 実践の場はあるか
5 人事評価や給与制度と連動しているか
P. 13 まとめ

英語研修の導入効果・費用対効果が高まる「研修を見直す」5つのポイント

英語研修でよくある課題と原因を分析しつつ、研修担当者や人事・総務担当者が効果的な英語研修を実施できるよう、研修形式や効果検証の方法など研修を見直すための5つのポイントを解説します。

無料で資料ダウンロード
  

【ご注意】

本資料をダウンロードいただきますと、当コンテンツの情報掲載事業者である株式会社イーディアスへ、会員情報の一部(会社名、氏名、メールアドレス、電話番号等)が提供されます。 株式会社イーディアスより、サービスやセミナー等のご案内が届く場合がございます。ご同意の上、ダウンロードボタンをクリックしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


資料請求リストに追加しました