高齢者を継続雇用する際の「 ルール変更・給付金手続きマニュアル」

定年再雇用制度で高齢者を継続雇用する際のルールの変更点や、給付金を受給する際に担当者が行う手続きについて解説。どんな手続きや法律のチェックが必要なのかを詳しく紹介しています。

高齢者雇用安定法の改正で、企業には原則として従業員のうち希望者全員に65歳までの雇用の機会を与えることが義務付けられました。継続雇用の際に国から支給される給付金の制度も整備されています。
経験豊富なシニア世代の働き手が必要とされる一方、再雇用後の労働条件の変更によっては法律違反になるケースもあります。
こちらの情報をもとに、高齢者の継続雇用を実施する際に役立ていただければ幸いです。

 

高齢者を継続雇用する際のルール変更・給付金手続きマニュアル

高齢者を継続雇用する際のルールの変更点や、給付金を受給する際に担当者が行う手続きについて解説します。

無料で資料ダウンロード

【ご注意】

本資料をダウンロードいただきますと、当コンテンツの情報掲載事業者である株式会社イーディアスへ、会員情報の一部(会社名、氏名、メールアドレス、電話番号等)が提供されます。 株式会社イーディアスより、サービスやセミナー等のご案内が届く場合がございます。ご同意の上、ダウンロードボタンをクリックしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


資料請求リストに追加しました