【無料】中小企業のための技能実習・国際労働制度活用セミナー【無料】中小企業のための技能実習・国際労働制度活用セミナー

離職率を下げ、雇用の定着化に必要な3つのポイント【障害者雇用定着化チェックリスト付】

2018年4月に「障害者雇用促進法」が改正。これにより、雇用義務の対象に精神障害者の方が加わり、さらに雇用義務が発生する企業の範囲も拡大しました。

この改正によって、初めて雇用義務が発生した企業も少なくありません。
しかし障害者雇用は、法定雇用率を満たすことがゴールではありません。

今回は、障害者雇用の離職原因を明らかにし、定着化に必要なポイントについて他社事例とともに解説します。


障害者雇用の定着化に必要な3つのポイント

離職率を下げ、雇用の定着化に必要な3つのポイント

障害者雇用は、法定雇用率を満たすことがゴールではありません。本資料では、障害者雇用の離職原因を明らかにし、定着化に必要なポイントについて他社事例とともに解説します。

無料で資料ダウンロード

【ご注意】

本資料をダウンロードいただきますと、当コンテンツの情報掲載事業者である株式会社イーディアスへ、会員情報の一部(会社名、氏名、メールアドレス、電話番号等)が提供されます。 株式会社イーディアスより、サービスやセミナー等のご案内が届く場合がございます。ご同意の上、ダウンロードボタンをクリックしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


資料請求リストに追加しました