1on1推進や実行の工夫・挑戦を共有!「1on1 Days」8/3-5 14:00-17:001on1推進や実行の工夫・挑戦を共有!「1on1 Days」8/3-5 14:00-17:00

離職率30%から3%の優良企業へ復活させたスタートアップ社長が教える!

『社員の自己実現を導く組織づくりとは』Vol.1

はじめまして。株式会社manebiの田島智也と申します。
今回、組織づくりについてコラムを書かせていただくことになりました。

このコラムではスタートアップ企業の経営者として培った経験から、私なりに組織づくりについて理解したことを、皆様に共有させていただきます。スタートアップだけでなく、全ての企業の皆様に少しでも為になるお話ができたらと考えています。
言うまでもなく、組織づくりは一朝一夕ではできず、非常に難しいものです。上手くいっていなかったこと、苦しみ悩んだことも含めて、赤裸々につづっていきたいと思うので、よろしくお願いいたします。

目次

  1. manebiの掲げるミッションは『世界縁満』
  2. 人や情報や価値観との良質な出会いをテクノロジーでサポート
  3. 「個人と組織を幸せに導く」事業を展開する企業が離職率30%

manebiの掲げるミッションは『世界縁満』

さて、組織づくりについて話を進める前に、まずは私が代表を務めるmanebiという会社についてご説明させていただきます。manebiは、創業8期目を迎えた人事領域に軸足を置くIT企業です。掲げるミッションは『世界縁満』。世界中に笑顔と感謝が溢れる良縁を築いていくことを目的に存在しています。

製品として販売するのは、企業のオンライン教育とオンライン採用を革新させるSaaSプラットフォームです。
具体的に、まずオンライン教育では、クライアントさまの社内教育環境を整えるため、eラーニング体験を提供しています。eラーニングについては、3000を超える教育レッスンのラインナップを揃え、現在さらに拡充中です。
またオンライン採用ツールとしては、企業と個人のミスマッチをなくすことを目標に、Web上で会社説明会や面接ができるシステムを提供しています。

これらのプラットフォームは全て、デザイン面や仕組みの面でも、ユーザー目線で常に改善を図っており、今年度も大規模なリニューアルを予定しています。

人や情報や価値観との良質な出会いをテクノロジーでサポート

なぜこうした事業を行っているのか。それは『世界縁満』の言葉の通り、社会に幸福の連鎖を広げたいからです。
採用やラーニング、オンボーディングという人事領域は、突き詰めれば社員の幸福体験をいかに生み出すかということでもあります。

特に教育は大切だと考えています。manebiの社名は古語となる「學ぶ、真似ぶ」からつけました。思い返せば私自身の体験として、今まで数多くの人、情報、価値観と出会い学んできました。その出会いによって「何をやりたいのか、何で生きるのか、何で働くのか」という自己のアイデンティティを確立してきました。
元々大学生の頃は「社会に出たくない」とすら思っていた私が、数々の出会いによって人生の目標が明確化され、働くことで自己実現ができるようになっていきました。

そうした経験から私は「本当に良い出会いは、人を大きく変える可能性がある」という信念を持っています。だからこそmanebiでは、人や情報や価値観との良質な出会いをテクノロジーでサポートし続けたい。そして個人のアイデンティティを育むプラットフォームを作り続けたいと思っています。


【写真】東京都後援「東京ベンチャー企業選手権大会2020」のファイナルでのピッチ

「個人と組織を幸せに導く」事業を展開する企業が離職率30%

こうした我々の事業を一言でまとめると、「個人と組織を幸せに導くための事業」だとも言えます。自己のアイデンティティをしっかりと形成し、会社を自己実現の場と捉える幸福感で満たされた社員が働く組織は、当然生き生きとした幸せな組織になるからです。

とここまで、自社の存在意義をお話させていただき、「個人と組織を幸せに導く」事業を展開していると説明しましたが、そんな弊社では実は3年前まで、自社内の組織づくりが全く上手くいっていませんでした。
会社の雰囲気は最悪で、毎月のように人が辞めていく状態…。こうした理念を持ち、人事領域に事業ドメインを置いている会社であるにも関わらず、お恥ずかしい限りです。

離職率は1年間で30%を越えており、私も本当に落ち込みました。私は経営者に向いていないのではないか。何から手を付ければいいのだろうと。
でもそこから、どうすれば社員の幸福度が高まり、「個人と組織を幸せに導く」ことができるかをひたすら考え、あらゆる改革を行ったことで、今では離職率が3%にまで減少しました。これは手前味噌ですが、高い成長率を維持し続けるスタートアップ企業としては、非常に優良な数値だと思っています。

次回のコラムでは、私が離職率30%の壊滅的な状態から、自社の組織をどう変革していったのか、当時の詳しい状況から具体的にお話していきたいと思います。

>>>第2回へつづく
『社員の自己実現を導く組織づくりとは』Vol.2

@人事では『人事がラクに成果を出せるお役立ち資料』を揃えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


資料請求リストに追加しました