【無料】中小企業のための技能実習・国際労働制度活用セミナー【無料】中小企業のための技能実習・国際労働制度活用セミナー

「何をやるか?」よりも「誰とやるか?」を大切にしている会社がやるべきたった2つのこと

「何をやるか? よりも誰とやるか?」と「誰とやるか? よりも何をやるか?」

の2つがあった時に、皆さんの会社はどちらを大切にしていますか?「どちらとも言えない」「どっちもだ」等、様々な意見があると思います。上記2つを簡単に整理すると、以下のようになるのではないでしょうか。

『何をやるか? よりも誰とやるか?』
どんな業種、職種よりも、誰と一緒にやるのか? の方が大切だというパターンです。
例えば、「機器メーカーでエンジニアとして仕事をすることを大切にしながらも、最終的にはどんな人達と一緒に働くのか? に重点を置いている」という考え方です。

『誰とやるか? よりも何をやるか?』
上記の逆で、どんな人達と一緒に働くのかを大切にしながらも、どの業界、職種で仕事をするのか? の方が大切だというパターンです。「人間関係が良好なことに越したことはないが、機器メーカーでエンジニアとして仕事をするという軸はぶらさない」という考え方ですね。

1つ目のように、「我々は『何をやるか? よりも誰とやるか?』を大切にしている会社です」、と打ち出している企業を調べてみたところ、リクナビで検索しただけでも47社ヒットするなど、数えきれないほど多くの企業が見つかりました。

中には、下記のような有名企業も多々見受けられます。

・株式会社ビスリーチ
・ライフネット生命保険株式会社
・株式会社カヤック(面白法人カヤック)
・株式会社マネーフォワード
・株式会社Gunosy(グノシー)

ところが、反対に『誰とやるか? よりも何をやるか?』を打ち出している企業は、調べてもあまり見当たりませんでした。

誰とやるか? を重要視している会社がやるべきは、バリューの「提示」と「浸透」

『誰とやるか?』を重要視しているならば、どんな考えで働いてほしいか、つまり、バリューや行動指針と呼ばれるものを明確に打ち出し、社員に浸透させるべきだと考えています。
※参考:なぜ今、ビジョンよりもバリューが注目されるのか?

なぜなら、それを掲げる企業が求めているのは、特定の国籍や性別、身長、出身地、服装に当てはまる人と働くことではなく(笑)、自社の考え方に共感できる人と働くことだからです。

そのためには、「我が社としては、こういう考えが好きですor嫌いです」「この考えに共感して、一緒に体現してもらいたいです」という意思表示をし、それに沿った採用や教育をする必要があります。

実際、多くの有名企業ではバリュー教育に全面的な力を注いでいるという話をよく耳にします。

急成長メルカリ、「バリュー」への異常な執着
メルカリの「バリュー」を実現するための人事制度とは?
Google×メルカリの人事責任者が明かす、成長し続ける組織のカルチャー『THE BUSINESS DAY 02』レポ
グーグル社員の「働く満足度」は、なぜこれほど高いのか?

逆に、「誰とやるか? を重視している」と言うだけでバリュー浸透や教育まではやっていない企業もあります。このような場合は高い確率で実情が伴っておらず、実際には「誰とやるか?」を大切にできていないのではないでしょうか。

これは放置しておくと様々な問題を引き起こします。

例えば、「新卒採用の会社説明会ではバリューを打ち出したが、実際に現場では浸透できていない」という状態を作り出し、そこに惹かれて入社した者にマイナスのGAPを感じさせ、早期離職の直接的な原因になる、というように。
※参考:早期離職はコミュニケーションで防げます! 新入社員の本音から導く4つの対処法

たとえ理想を語ることで目標採用人数をクリアしたとしても、定着しないのであれば意味がなくなってしまいます。

したがって、「『何をやるか? よりも誰とやるか?』を大切にしている」と打ち出したいのであれば、バリューや行動指針の提示と、社員への浸透が必要不可欠なのです。

バリュー浸透、教育における3つのポイント

バリュー浸透、教育のポイントは、大きく3つです。

①周知徹底の仕組み化

バリューを作った経営陣や人事の間でしか想いの共有ができておらず、その他社員は「そんなものあった?」程度の認識しかない……という状態にならないようにする。1回伝えて終わり、ではなく、定期的な周知徹底の機会を創出することが最も重要。

②具体化

バリューは、多くの場合“自立”といった抽象度の高いワードがメインになるので、「自立って具体的にはどういうこと? 日々の業務において自分はどうすればいい?」という社員が大半……という状態にならないようにする。抽象度の高いバリューをできるだけ具体化して、日々の実務に落とし込むことが最も重要。

③ウィークタイズの活用

「バリューは社内共通の想いなので、浸透のためのアクションは社内のみでやるべき」という勘違いをしないようにする。バリューには、多くの場合“人のせいにしない”といった頭では分かるけど実践は難しいような内容が取り入れられるので、身内である社内の人間(ストロングタイズ)が研修等で伝えると、「宗教っぽい」「そんなことは今さら言われなくても」といったネガティブ感情を生み出しやすい。

バリュー浸透こそ、第三者目線から俯瞰できる外部のコンサルティング会社(ウィークタイズ)といった機関を活用し、「一般論としても自社のバリューは価値があるもの」というメッセージを伝えることが最も重要。

バリュー浸透に成功し、離職者0名を達成した企業

実際に、バリュー浸透に成功したこんなすごい企業さんがあります。
設立2年8カ月で社員100名突破、離職ゼロ 社員ファースト経営で「日本一働いてよかったと思える会社」をつくる

創業3年経たずに社員数が100名を超え、何より離職者0名という驚異的な定着率を誇るiYell株式会社さんです。この企業さんはまさに『何をやるか? よりも誰とやるか?』を打ち出しており、トップ自らが①②③のポイントを全て抑えてバリュー浸透を行っています。

時代に合わせ事業内容や業務内容までもが変化する可能性が高まっている現代においては、『何をやるか?』よりも『誰とやるか?』を大切にして採用や教育を行う企業が成長し、業績を上げていくと思います。

また、アドラー心理学では、全ての悩みの原因は対人関係にあり、人生の幸せは人間関係が握っていると断言されています。人生の中でも大半の時間を費やすのが仕事ですから、やはり仕事は『誰とやるか?』を重要視することが、企業にとっても、社員にとってもベストな選択になるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


資料請求リストに追加しました