国内・海外ヘッドライン

DODA調べ


2017年7月の転職求人倍率は2.31倍 求人数は32カ月連続の最高値

2017.08.08

  • 中途採用
  • 採用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パーソルキャリア株式会社(旧社名:インテリジェンス)が運営する転職サービス「DODA(デューダ)」がまとめた「DODA 転職求人倍率レポート」によると、転職求人倍率は2.31倍となり、転職求人数は32カ月連続の最高値となったことが分かった。詳細は以下の通り。

※ 転職求人倍率は、ホワイトカラー層を中心とした転職マーケットにおける需給バランスを表すもので、DODA転職支援サービス登録者(転職希望者)1名に対して、中途採用の求人が何件あるかを算出した数値。<算出式:転職求人倍率=求人数(採用予定人員)÷転職希望者数>

2017年7月の求人数は前年同月費+21.0% 32カ月連続の増加

2017年7月の転職求人倍率は、前月比-0.12ポイントの2.31倍となった。求人数は前月比+1.2%、前年同月比+21.0%となり、32カ月連続で調査開始(2008年1月)以来の最高値を更新した。転職希望者数は前月比+6.1%、前年同月比+31.6%となった。求人数は依然増加を続けており、今回の求人倍率のわずかな低下は、求人数の増加を上回るペースで転職希望者が増加したことが一因と考えられる。

080801

求人数が大きく伸びたのは「金融」「サービス」

080802

業種別にみると、求人数が増加したのは9業種のうち「IT・通信」「金融」「メーカー」「商社・流通」「サービス」の5業種。中でも大きく伸びたのは、「金融」(前月比+3.9%)、「サービス」(前月比+2.8%)だった。職種別では求人数が増加したのは、11職種のうち「営業系」「技術系(IT・通信)」「技術系(電気・機械)」「技術系(メディカル)」「技術系(建築・土木)」「専門職」「クリエイティブ系」の7職種となったた。特に伸び率が大きかったのは「技術系(建築・土木)」(前月比+5.6%)、「専門職」(前月比+5.0%)だった。

DODA編集長・大浦 征也氏による解説

新卒採用の山場を越える7月からの第2四半期は、中途採用に力を入れる企業が多く、新しいポジションの追加も相次いだため、7月の求人数は増加しました。また、転職希望者の数も増加が続いており、特に2カ月以上にわたり転職活動をしている人の数が増えています。今より好条件の会社を見つけるまで、期間を決めずに転職活動をする傾向がさらに強まっており、転職希望者数が求人数の増加幅を上回る状況が続いています。

8月は、お盆や夏期休暇などにより、転職希望者の活動は落ち着く傾向にある一方で、企業は、9月までに今期の採用枠をできるだけ充足させたいと意気込んでおり、8月も活発な採用活動を続ける見込みです。結果的に、求人数の増加幅が転職希望者数のそれを上回り、求人倍率は上昇するでしょう。近年、夏季休暇の分散取得などが進み、休暇中も面接対応等をする企業も増えています。転職することを決めている人は、その期間を有効活用し、自己分析や面接に臨まれることをおすすめします。

参考:転職サービス「DODA(デューダ)」2017年7月 転職求人倍率 2.31倍(前月比-0.12ポイント)(PRTIMES、2017年8月7日)

【編集部より】転職求人倍率の動向について、これまでの記事はこちら。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい