企画

人事のキャリア


【まとめ】企業の成長を支えるため、学び、交流し、研鑽する。現役人事が語った「キャリア」

2017.08.04

  • キャリア
  • 働き方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さまざまな業界・業種の人事担当者にインタビューし、仕事のやりがいやキャリアについて語ってもらう人気企画「人事のキャリア」。今回、これまでに登場した人事担当者のインタビュー記事をまとめ、その内容の一部を紹介します。

常にみんなが気持ちよく仕事ができる環境づくりを(トライフ・井上茉悠さん)

jincya_1_1210

大手企業で2年間営業職を経験したのち、学生時代にインターンを経験した“古巣”のトライフへ入社した井上さん。役員秘書兼人事担当者として、同社の人事の仕事をゼロからつくりあげています。記事では、具体的な日々の業務や、人事の仕事のやりがいについて、率直に語っています。

急成長中のアパレルメーカーの人事が語る、仕事の魅力とは?(ストライプインターナショナル・小松薫奈さん、神田充教さん)

earth music&ecology」を筆頭に15のブランドを展開するアパレルメーカー、株式会社ストライプインターナショナル。同社人事の小松薫奈さんは、新卒採用チームのリーダーとして、毎年約6,000人が参加する会社説明会を企画しています。販売スタッフから人事職に就くまでの経験や人事としての失敗・奮闘を、神田充教人事部長とともに語っていただきました。

人事の仕事は組織を変え、自分を成長させる(シンクスマイル・喜村真妃さん)

jincarre_vol2.160521r

採用コンサルティング、営業事務の仕事を経験後、2011年の9月に株式会社シンクスマイルに入社した喜村さん。周囲の協力を取り付けながら、1人で同社の人事部を立ち上げました。人事部を創設しリクルーティングチームを発足させるまでの過程や、その中で大変だったこと、やりがいについてお聞きしています。

上流から採用に関わり会社に貢献する(レバレジーズ・大倉綾菜さん)

rever_3_160513s

新卒で入社して医療系の事業部に所属した後、3年目の夏に新卒採用担当となった大倉さん。配属当初は「1クールやってみないと分からない」という新卒採用の難しさにぶつかりながら、現在は人事という仕事に面白さ、奥深さを感じています。記事では、仕事に役立つ知識の勉強方法や、思い描いているキャリアパスについてもお聞きしています。

会社が成長していく様子を当事者として見ることができるのが人事の仕事のやりがい(Arinos・鮎澤 緑さん)

jcarrie5_ayuzawa_2_1609231

出会ったその一瞬だけではなく、出会った人の人生・生活をHappyにできるような仕事がしたい」という思いを抱き、大手航空会社の客室乗務員からベンチャー企業の人事担当者へと転職した鮎澤さん。新設された人事部で仕組みを作っていく過程と、実際に人事の仕事をどのように学んでいったかなどについて語っていただきました。

巨大なチアリーダーとして、メンバーが200%の力を発揮できる環境を整える(グロービス・林 恭子さん)

jincar_gbs_3_170113

世界屈指のコンサルティングファーム「ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)」から転職し、現在は株式会社グロービスの経営管理本部長を務める林さん。 人事責任者であり経営会議のメンバーでもあるという立場から、人事メンバーのマインドの転換や、社内のダイバーシティ推進を成功に導きました。記事では、前後編に分け林さんのキャリアについて詳しくお聞きしています。

急成長中のベンチャー企業人事が語る 人材採用と組織づくりの面白さ(Loco Partners・三戸圭子さん)

170605_m_locopartners02

宿泊施設の予約サイト「Relux」を運営する、株式会社Loco Partners(ロコパートナーズ)。同社事業推進部の三戸さんは急速に規模を拡大しているベンチャー企業の中で、リクルーティングチームとして日々人材の採用や育成、組織づくりに励んでいます。「組織デザイン」という大きな視点から人事業務に関わる三戸さんに、これまでのキャリアや仕事のやりがいについてお聞きしました。

「解」がないから、人事の仕事は面白い(日本カバヤ・オハヨーホールディングス・山路志保里さん)

kabaya_m_170621

カバヤ食品株式会社、オハヨー乳業株式会社など、グループ13社からなる「日本カバヤ・オハヨーホールディングス」。山路さんはホールディングスの人事部として、グループ各社で独立していた採用活動を抜本的に変え、“攻めの採用”を確立しました。記事では、ホールディングス発足からの人事部改革の過程や、人事の仕事に役に立った書籍などもご紹介しています。

成長フェーズに入ったベンチャー企業を支えるため、人事部を立ち上げ、採用・制度設計に奔走する(フィードフォース・渡邉康晴さん)

OR_jincar9th_3_170706

大企業の人事部を離れ、ベンチャー企業の人事部をゼロから立ち上げた、株式会社フィードフォース人事部の渡邉さん。採用や研修、評価制度の設立を経験した後、特に力を入れたのが企業の「バリュー」を言語化する取り組みでした。行動に裏打ちされた渡邉さんの言葉は、人事の働き方に多くの気づきを与えてくれるものとなっています。

※すべての記載情報およびリンク先の情報は取材時点のものです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました