新時代の「社員名鑑」 社員を通じて、会社の魅力を社内外に訴求しませんか?新時代の「社員名鑑」 社員を通じて、会社の魅力を社内外に訴求しませんか?

特集

採用の流儀~「森下仁丹」編


オッサンも変わる。ニッポンも変わる。「第四新卒採用」と進化する老舗

2017.05.26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

森下仁丹の新たな挑戦、「第四新卒採用」

「オッサンも変わる。ニッポンも変わる。」――。印象的なキャッチフレーズで話題を呼ぶ森下仁丹(大阪市中央区)の「第四新卒採用」。同社社長の駒村純一氏も出演する、モノトーンの募集広告ムービーが話題を呼んでいる。創業120年を超える老舗企業が、この募集を行った背景には“会社がつぶれかけた危機感”があったという。その詳細を、経営企画部の磯部美季氏に聞いた。

目次
  1. 求めるのは40、50代の幹部候補
  2. 倒産の危機を味わい、社長の駒村氏が採用の一新を決意
  3. 駒村社長の社内大改革。社員の約半数が入れ替わる
  4. エントリーシート全件を社長がチェック
  5. 「求める人物像」を言語化しない
  6. 第二創業期の“老舗ベンチャー”

求めるのは40、50代の幹部候補

森下仁丹経営企画部の磯部美季氏

経営企画部の磯部美季氏

磯部:「第四新卒採用」が想像以上の反響をいただき、うれしく思っています。17年3月1日に募集をスタートし、4月19日現在で2000件以上の応募をいただいています。
今回の採用で一番のターゲットにしているのは、40、50代の幹部候補です。ただし、応募に際して、年齢・性別は不問です。これまでの経験やスキルよりも、新しい仕事に対するやる気を重視します。
新卒採用と同じぐらい、まっさらな気持ちで飛び込んできてほしくて、「第四新卒」と名付けました。(※注1)

中途採用で、今回のような公募を行うのは、初めての取り組みです。これまでは、人材紹介会社などのエージェント経由でクローズドな採用を行っていました。エージェント経由であれば、こちらが求める要件を満たした人材のみをピンポイントで紹介してくれる。私たちのような社員数300名にも満たない中小企業には、とても効率的で王道の採用手法だと思います。
ただしこの手法では、

こちらは会員限定記事です。

この記事の続きを読むには、@人事へのログインが必要です。

{{error}}

メールアドレス

{{ errors.first('user_id') }}

パスワード

{{ errors.first('password') }}

会員登録がお済みでない方は
こちらから登録を行ってください。

無料会員登録

執筆者紹介

玉寄麻衣(たまよせ・まい) 1979年生まれ。立命館大学政策科学部卒業。外資系大手人材派遣・人材紹介会社で、営業として主に中小企業の人材採用をサポート。その後フリーランスのライターとなり、人材採用、人材育成、大学教育、広報・PR、企業経営等に関する取材・執筆を行う。

@人事では『人事がラクに成果を出せるお役立ち資料』を揃えています。

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました