国内・海外ヘッドライン

DISCO調べ


7割の学生が2018年就職活動を「短期決戦」と想定

2017.02.15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ディスコ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:新留正朗)は2月14日、2018年3月卒業予定の全国の大学3年生(理系は大学院修士課程1年生含む)を対象に行った、2月1日時点の就職意識に関する調査結果を発表した(調査時期:2017年2月1日~6日、回答数:1,272人)。

就活戦線「短期決戦になると思う」が7割超え 3月スタートに向け準備進む

1.就活解禁1カ月前の不安

  • 「内定をもらえるか」73.5%、「志望度の高い企業に内定をもらえるか」68.3%
  • 就職戦線は「短期決戦になると思う」が7割(75.9%)を超える

2.エントリーを決めている企業

  • 「エントリーを決めている企業がある」90.4%。1カ月で5.2ポイント増加
  • エントリー社数は平均12.4社。前年調査(13.8社)より1.4社減少

3.現時点の志望業界

  • 志望業界が「明確に決まっている」32.1%、「なんとなく決まっている」51.8%
  • 志望業界1位「銀行」、2位「水産・食品」、3位「素材・化学」

4.内定率は4.2%

  • 「選考中の企業がある」26.7%。前年(22.6%)より速いペースで進行中
  • 「内定を得た」4.2%。前年同期(2.4%)を1.8ポイント上回る  内定者の6割強(64.8%)はインターン参加企業から内定を取得

5.Uターン就職の希望状況

  • Uターン就職希望者は3割(30.0%)。前年(30.9%)より微減
  • Uターン就職をしたい理由のトップは「出身地・地元が好き/暮らしやすい」(64.7%)

詳細はこちらhttp://www.disc.co.jp/uploads/2017/02/20170214gakuseityousa2018.pdf

「キャリタス就活2018 学生モニター調査(2017年2月)」より【株式会社ディスコ・2017年2月14日】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい