企画

会員限定

人事必見!現役大学生による就活日記


「合説なんて、絶対行かない」 就活で優秀層がしない3つのこと

2015.07.14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(写真はイメージです)

就職活動中の現役大学生が就活を「本音」で語る就活日記。第2回は、慶応義塾大学3年・大田さん(ペンネーム)による記事です。外資コンサル、事業会社をメインに就職活動をしているという大田さんが、合同説明会やSNSの意外な活用法について語っています。

はじめまして。慶応義塾大学3年生の大田です。
早期から動き出したいち就活生として、就活生の本音をお伝えすることができればと思っております。

私は、外資コンサル、事業会社をメインに就職活動を進めています。

そのなかでも、運良く先輩に恵まれた結果、通常とは違った選考フローでサマーインターンに参加が決定するなど、おかげさまでさまざまな企業の人事の方にお声がけいただいております。

単なるつけあがりに過ぎない可能性もありますが、自分の周りには内定に困らない学生(いわゆる就職活動TOP層)が多い印象です。

そのため、他の就活生とは少し違った視点から、本音をお伝えできると思っております。

【参考】「就活日記」シリーズ一覧はこちら

目次
  1. 合説なんて、絶対行かない
  2. 「成長」というキーワードで企業を見極めない
  3. 巷で有名な就職支援サービスは使わない

会員登録はこちら

合説なんて、絶対行かない

多くの企業が参加されるイベントに合同説明会があげられます。私の大学のキャンパス前でも、頻繁にパンフレットを配っています。

私自身、何度か合同説明会に参加したこともありますが、
「得られるものは少なかった」
というのが正直な印象です。

まずは、企業のプレゼンテーション。

もちろん、大切ですが、どこの企業も同じように「成長」「素晴らしいミッションの話」「我々がどんな社会を実現したいか」を話しています。

実際のところ、これらはパンフレット見れば、分かります(とはいえ、至近距離でプレゼンテーションをされていると「うん、うん」と頷きながら、目を合わせるしかありません)。

読めば分かるところはのぞいて、「ほしい情報が、すぐにさっと手に入ればいいのになあ」というのが本音です。

「成長」というキーワードで企業を見極めない

企業を訪問したり、ホームページを見たり、就活情報を見ていると、「成長」を中心にどこも似たようなキーワードを押し出した企業がたくさんあります

こちらは会員限定記事です。

この記事の続きを読むには、@人事へのログインが必要です。

{{error}}

メールアドレス

{{ errors.first('user_id') }}

パスワード

{{ errors.first('password') }}

会員登録がお済みでない方は
こちらから登録を行ってください。

無料会員登録

執筆者紹介

ペンネーム:大田 慶応義塾大学の4年生。1年生の頃からビジネスに興味を持ち、長期インターンシップを開始。2年間マーケティングを担当。興味のある業界は外資戦略コンサルティングファーム、VC。趣味はテニス。 (※プロフィールは執筆時のものです)

@人事では『人事がラクに成果を出せるお役立ち資料』を揃えています。

@人事では、会員限定のお役立ち資料を無料で公開しています。
特に人事の皆さんに好評な人気資料は下記の通りです。
下記のボタンをクリックすると、人事がラクに成果を出すための資料が無料で手に入ります。

今、人事の皆さんに
支持されているお役立ち資料

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました