国内・海外ヘッドライン

リクルートキャリア調べ


【速報】2016年12月の転職求人倍率は1.87倍

2017.01.11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社リクルートキャリアの転職支援サービス 「リクルートエージェント」における2016年12月末日時点の転職求人倍率は1.87倍となった。前月より+0.06 pt、前年同月比では+0.15ptであった。2014年1月以降では最も高い倍率となった。

求人数は前月比101.1%、前年同月比120.1%で、こちらも過去最高数となった。職種別では34職種中19職種で増加しており、前月より増加人数が多かった職種の上位3職種は、営業、SE、オフィスワーク事務職であった。サービス登録者数は前月比98.3%、前年同月比110.5%、職種別では11職種で増加となった。

転職求人倍率が高かった職種は、「インターネット専門職(Webエンジニア含む)」(5.12倍、前年同月比+0.20pt)、「建設エンジニア」(4.60倍、同+1.20pt)、「組込・制御ソフトウエア開発エンジニア」(4.29倍、同+1.10pt)、「SE」(3.32倍、同+0.83pt)、「不動産専門職」(2.82倍、同+0.54pt)であった。

2016年12月の転職求人倍率を発表。12月は1.87倍(前月差 +0.06)(リクルートキャリア、2017年1月11日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい