プレスリリース

国内・海外ヘッドライン

株式会社CHINTAI


【最大20万円支給】男性育休取得を推進する新制度を開始 女性社員の夫にも適用可能

2022.10.06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CHINTAI(東京・港)は9月30日、2022年度5月より男性の育休取得を応援する「ファミリーエクスペリエンス制度」を開始したことを発表した。

同制度では、育休取得期間1カ月(20営業日連続)以上の場合は20万円、育休取得期間2週間(10営業日連続)以上1か月未満の場合は5万円を支給する。対象者にはCHINTAIの男性社員だけでなく、女性社員の夫(CHINTAI社員ではない)も含まれる。以下、リリースより。

関連記事:【男性育休白書2022】マネジメント層は育休取得の必要性は感じているものの、男性社員が育休をとると喜びより人手不足による業務の支障を懸念

多様な働き方の実現を目指す

CHINTAIでは、従業員が自分らしく働き続けてもらうために、多様な働き方の実現に向けて様々な取り組みを行っています。一例として、育児中の社員がライフスタイルに合わせて、勤務時間を選択できる「勤務時間変更制度」、ベビーシッター割引券などが利用できる「ベビーシッター補助制度」などがあげられます。(制度詳細は、多様な働き方のための取り組み事例をご参照ください)また、全社員が在宅勤務を活用しており、誰もがフレキシブルな働き方が可能となっています。これらの制度の影響もあり、CHINTAIでは、女性の育休取得率、産休育休からの復職率が100%という結果となっています。2022年4月1日からの育児・介護休業法の改正が3段階に分けて施行されることを受け、CHINTAIでは2022年5月より男性育休取得を応援する新たな取り組みとして「ファミリーエクスペリエンス制度」を制定いたしました。

ファミリーエクスペリエンス制度について

「家族での時間や体験をより豊かにしてほしい」という想いのもとこちらの制度がスタートしました。そのため、CHINTAIに所属している男性社員(パパ)だけではなく、女性社員の場合、CHINTAI社員ではない夫(パパ)が一定期間の育休を取得した場合に、活用できることが大きな特徴となっています。

ファミリーエクスペリエンス制度
【対象者】
CHINTAIの男性 正社員:本人が育休を指定期間以上取得した場合
CHINTAIの女性 正社員:夫(パパ)が育休を指定期間以上取得した場合※国が定める育休制度に対する対象者

【制度概要】※いずれか適用
①育休取得期間1カ月(20営業日連続)以上の場合は、20万円支給
②育休取得期間2週間(10営業日連続)以上1か月未満の場合、5万円支給

rs_chintai_1_221005main

人事担当者 福崎奈穂子(ふくざき なほこ)よりコメント

「育休取得をきっかけに、家族で過ごす時間をより豊かなものにしてほしい」そのような想いから、本制度はスタートしました。弊社では女性社員の育休取得率および復帰率は100%ですが、男性社員の育休取得率はまだまだ低い現状があります。育休取得の障壁となっている理由を、男性社員にヒアリングした結果、「収入減」と「仕事が滞る」ことを不安視する声が見受けられました。私自身も出産・育休を経験し働いていますが、当時、夫は育休を取得していなかったため、1人で子どもと向き合う時間が必然的に多くなっていました。初めての育児ということもあり、試行錯誤の毎日でした。日々成長を重ねていく子どもと過ごす時間は充実していた反面、成長の瞬間をもっと家族で共有できたら、さらに嬉しいのにという気持ちも抱いていました。

これらの経験を通して、自社の男性社員の育休取得率を上げるということのみならず、男女関係なく子育てをする社員の人生をもっと豊かにできるのではないかと考えた結果、この制度が生まれました。本制度をきっかけに、あたりまえに育休を取得できる文化が根付くことで、本人だけではなく、周囲も仕事の仕組化を考える機会となり、組織強化につながっていくと考えています。今後も社員がライフステージや価値観に合わせて、自分らしく働き続けられる環境づくりに取り組んでいきたいと思います。

多様な働き方のための取り組み事例

☆育児中の時短・勤務時間変更制度☆
小学4年生の始期に達するまでの子の、育児中の正社員・契約社員(性別問わず)が自分のライフスタイルに合わせた勤務時間を選択できる制度です。

①勤務時間(所定就業時間)を、6時間/6.5時間/7時間/7.5時間 から選択可能。
②8:00~20:00の間で、就業時間を自由に選択可能。

☆ベビーシッター補助制度☆
働くママ・パパの支援として、小学校4年生の始期に達するまでのお子さんを育児している社員(性別問わず)を対象とした、育児の両立支援をサポートする制度です。

①ベビーシッター割引券利用(割引金額2,200 円/回)
国からの委託を受け全国保育サービス協会が実施している『ベビーシッター派遣事業』を利用しています。

②ベビーシッター補助金支援
①とは別に、ベビーシッター利用1回あたり上限5,000円まで(年間最大50,000円まで)を会社から補助します。

会社概要

株式会社CHINTAI
https://www.chintai.jp/?utm_source=public_relations&utm_medium=press_release&utm_campaign=PR
お部屋探しのリーディングブランド。「住まい」「お部屋」をベースに暮らしを豊かにするための様々なメディアを運営。

rs_chintai_2_221005main

【プレスリリース「男性の育休取得を応援する制度本格始動CHINTAIは多様な働き方の実現を目指します」(PR TIMES)より|2022年9月30日・株式会社CHINTAI】

編集部おすすめ関連記事

pr_smp_1small

■小室淑恵氏が解説。男性育休の課題と企業で推進させる方法
セミナーでワーク・ライフバランス代表取締役社長の小室淑恵氏が講演した「男性育休 法改正のポイント」「男性が育休を取れるような職場・仕事の進め方」「男性育休・働き方改革について経営者の意識を変えるためのアクション」の内容から抜粋して紹介する。
【おすすめポイント】
・経営層と合意しておきたい「人口ボーナス期・オーナス期」の概念
・男性産休・育休の法改正をめぐる動き
・男性育児休業取得率を向上させるための具体的な方法
【@人事編集部(株式会社イーディアス)】

男性育休取得率2.2%→34.3%。千葉市長が貫く「全職員、肯定

pr_smp_1small

2009年に31歳で政令指定都市の首長となった熊谷俊人市長はこの10年、行政改革とともに職員の働き方改革を敢行。自身も2児の父で、組織として課長クラス以上の職員に「イクボス宣言」させたカリスマ市長に、男性育休取得の意義や組織にもたらす効果、改革を貫く信念を聞いた。
>>詳細をチェックする【@人事編集部(株式会社イーディアス)】

@人事では『人事がラクに成果を出せるお役立ち資料』を揃えています。

@人事では、会員限定のお役立ち資料を無料で公開しています。
特に人事の皆さんに好評な人気資料は下記の通りです。
下記のボタンをクリックすると、人事がラクに成果を出すための資料が無料で手に入ります。

今、人事の皆さんに
支持されているお役立ち資料

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました