書籍紹介

新刊紹介


『人とのつながりで成果を呼び込む!ひとり広報』著・北野由佳理

2022.09.29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同文館出版(東京・千代田)は9月22日、北野由佳理氏の著書『人とのつながりで成果を呼び込む!ひとり広報』を出版した。

同書は、未経験で広報部の立ち上げを任された筆者が、「ひとり広報」経験者として得た知見や実践してきた取り組みを紹介するもの。ひとり広報で悩んでいる方やメディアとのリレーションに悩んでいる方の課題解決に役立つ一冊である。

『人とのつながりで成果を呼び込む!ひとり広報』
同文館出版:https://www.dobunkan.co.jp/books/detail/003268
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4495541218

以下、同文舘出版株式会社の書籍情報ページより。

書籍情報

書影画像:『人とのつながりで成果を呼び込む!ひとり広報』刊行年月 : 2022.09.22
税込定価 : 1,980円(本体1,800円)
判 型 : A5版・並製
ページ数 : 232
ISBN : 9784495541217

内容紹介

ひとり広報は孤独じゃない!
社長・社員・メディアをパートナーにしよう!

・自分の会社を知る
・広報の横の関係をつくる
・業界や他社のトレンドをつかむ
・社内の情報を集める
・メディアとの良好なリレーションを築く
・メディアへのアプローチ方法
・「つくる広報」をはじめよう

企業のステージや状況によって必要な広報活動はそれぞれ。
100社あれば100通りの正解がある!

【また会いたくなる広報になるための「ひとり広報」のお悩み解決本】

広報・メディアへのアンケートによる本音トーク&インタビュー掲載!

目次

●プロローグ● さあ、広報の仕事をはじめよう!
●1章● 「会社を知る」ことが広報の一番の仕事
●2章● 横のつながりをつくる——業界、他社、世の中の情報をつかもう――
●3章● 社内の人を広報に巻き込もう
●4章● メディアリレーションズを築こう
●5章● メディアにアプローチする方法
●6章● 取材が来た! 事前準備が大事
●7章● メメディアリレーションズには「雑談」が必要
●8章● 中小企業の「つくる広報」
●9章● 私の会社の広報活動――各社インタビュー――
●エピローグ● また会いたくなる広報を目指そう

著者からのメッセージ

私が広報の仕事をはじめたのは、2017年4月のことです。
営業部門から未経験の広報へ。会社に広報部署が存在しなかったため、広報部の立ち上げから行ないました。しかし、なにからはじめていいかわからない。広報に関するビジネス書
や専門書を読み、勉強会やセミナーへ参加し、広報という仕事を理解するところからスタート。
プレスリリースの書き方や戦略について、本から多く学びましたが、「他社の広報の方はどのように広報活動をしているのか」「そもそもプレスリリースのネタがない」「メディア
の人とはどのようにして知り合うのか」「メディアリレーションズはどうやって築いていくのか」など、広報活動を実践する上での悩みを多く抱えていました。

自分なりに勉強をしていても、どうしても知識や経験が偏ってしまい、社内に広報経験者がいないため、現在行なっている広報活動は正解なのだろうかと迷うこともありました。
また今、広報の方から寄せられる相談の中には、社内で理解されず、協力を得ることが難しかったり、悩みを共有する人がいないということを多く聞きます。

「ひとり広報」の悩みは尽きません。スタートアップや中小企業であれば、総務や経理、人事などの仕事でもひとりのケースが多くあるでしょう。ではなぜ、広報はひとりだと孤独を感じたり、悩んだりすることが多いのでしょうか。
物理的に業務をひとりで行なっているという“ひとり” ではなく、きっと心のつながり、共感してくれたり、理解してくれる人がいるかいないかということが、孤独に感じてしまうことにつながっているのではないかと思っています。(中略)

本書では、他社の広報の方から教えていただいたこと、メディアの方から学んだことと共に、「ひとり広報」を経験した私が実践してきたことをお届けします。
合わせて151名のメディアの方の本音、90名の他社の広報の方の生の声をお届けします。
他社の広報活動を“のぞき見” するような感覚で、ご自身にとって必要な箇所だけを“つまみ読み” していただければと思います。

—– 「はじめに」より抜粋 —–

著者紹介

北野 由佳理(きたの ゆかり)
株式会社プレシャスパートナーズ 執行役員CMO 兼 経営戦略室室長
1990年生まれ、島根県出身。大学卒業後、2013年に新卒で株式会社プレシャスパートナーズに入社。大手企業を中心にアルバイト・パート領域の採用コンサルティング営業を経験し、2017年4月に広報部の立ち上げに伴い異動。2020年4月に執行役員に就任。現在は経営戦略・広報部門の責任者を務めている。

参考:『人とのつながりで成果を呼び込む!ひとり広報』を出版します(note)

参照:「人とのつながりで成果を呼び込む!ひとり広報」より|2022年9月22日・同文舘出版株式会社

編集部おすすめ記事

pr_smp_1small

■Twitter・noteを駆使した広報のSNS戦略
「ベンチャー企業こそSNSを駆使するべき」と語る株式会社ニットの広報・小澤美佳氏は、広報のSNS戦略を具体的な実践例を多く紹介しながら解説。企業ブランディングにつなげるために、広報が個人アカウントでどんなことを意識して情報発信すれば良いのか。特にベンチャー企業やBtoB企業にとって参考になる実践方法やノウハウを披露した。
【おすすめポイント】
・note/Twitterを軸にしたブランド展開強化
・「コザワ=広報ニット」を確立させながらフェーズにあわせた情報配分
・ベンチャー企業の個人アカウントで発信するのは「社会・社長・組織」
【解説:株式会社ニット 小澤美佳氏】

@人事では『人事がラクに成果を出せるお役立ち資料』を揃えています。

@人事では、会員限定のお役立ち資料を無料で公開しています。
特に人事の皆さんに好評な人気資料は下記の通りです。
下記のボタンをクリックすると、人事がラクに成果を出すための資料が無料で手に入ります。

今、人事の皆さんに
支持されているお役立ち資料

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました