第11回 HR EXPO (人事労務・教育・採用)[秋]第11回 HR EXPO (人事労務・教育・採用)[秋]

書籍紹介

新刊紹介


『みんな違う。それでも、チームで仕事を進めるために大切なこと』著・岩井俊憲

2022.09.12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ディスカヴァー・トゥエンティワン(東京・千代田)は8月26日、岩井俊憲氏の新著『みんな違う。それでも、チームで仕事を進めるために大切なこと』を刊行した。

同書は、アドラー心理学をビジネスの場に活かした研修・カウンセリングをこれまで20万人以上に行なってきた岩井氏が、価値観の多様化と上下関係のフラット化が進む中でリーダーのあり方について解説したもの。「社員同士での価値観の対立にどう対処するか」「それぞれの価値観を尊重しつつ、どうチームとして成果を出すか」といったリーダーの課題解決に役立つ一冊です。

『みんな違う。それでも、チームで仕事を進めるために大切なこと』
ディスカヴァー・トゥエンティワン:https://d21.co.jp/book/detail/978-4-7993-2896-5
Amazon :https://www.amazon.co.jp/dp/4799328964 
以下、リリースより。

書籍情報

nb_minnna_20220908 (1)

タイトル:『みんな違う。それでも、チームで仕事を進めるために大切なこと』
発売日:2022年8月26日
刊行:ディスカヴァー・トゥエンティワン
仕様:四六判/224ページ
ISBN:978-4-7993-2896-5
定価:1650円(税込)
ディスカヴァー・トゥエンティワン:https://d21.co.jp/book/detail/978-4-7993-2896-5
Amazon :https://www.amazon.co.jp/dp/4799328964

価値観の多様化・フラット化の進む職場

近年、価値観の多様化と上下関係のフラット化が進んでいます。
これに伴い、現場のリーダーには新たな悩みが生まれています。

・社員同士での価値観の対立にどう対処するか
・価値観の違うメンバーをチームとしてどうまとめるか
・それぞれの価値観を尊重しつつ、どうチームとして成果を出すか

このような悩みを抱えるリーダーにおすすめなのが「アドラー心理学」の考え方・メソッドです。

今こそ「アドラー心理学」が役立つ理由

アドラー心理学が、多様化し、フラット化した職場に役立つ理由は大きく3つあります。

①アドラー心理学は「横の関係」を大切にしている
アドラー心理学では、人間関係を「横の関係」でみなすことを大切にしています。
親子関係、教師と生徒、カウンセラーとクライアントでも「上下関係」ではなく、「同じ人間」、「フラットな関係」ととらえるのです。

これは会社組織でも、もちろん同じです。
今は、あなたがリーダーで、部下は立場上、部下であるけれども、上下関係ではなく、役割の違いにすぎないのです。
フラット化した今の職場にとって、とても合った考え方といえます。

②アドラー心理学は「建設的」という視点を大切にしている
アドラー心理学では、ものごとを 「正しい/間違っている」「良い/悪い」といった視点で判断するよりも、「建設的/非建設的」といった視点を大事にしています。

リーダーなら、部下同士の考え方が合わない、意見がぶつかる場面に立ち合うこともあるでしょう。価値観が多様化した今なら、なおさらです。

そんなときにこそ、この「建設的」「有益」の視点を大切にしてほしいのです。
「今から、目的のため、未来に向かって、何ができるか」の解決策をリーダーも部下もお互いに考え、話し合う。こうした姿勢が大切なのです。

③アドラー心理学は「共同体・社会への貢献」を大切にしている
さらに、アドラー心理学は、「共同体」の視点をとても大事にします。
「共同体」とは、「人間の複数体」の意味で、家庭や会社、地域社会、国家のことなどです。

先ほど「建設的」「有益」という視点が大切だと言いました。
しかし、これには「自分にとって」だけではなく、「チームにとって」「会社にとって」が加わるのです。

自分が所属するチームや会社にとって、「建設的かどうか」「有益かどうか」が重要なのです。
つまり、アドラー心理学は、「チーム」「組織」をとても大事にする心理学なのです。

ビジネスにおけるアドラー心理学に精通した著者

著者の岩井俊憲氏は、1985年に、アドラー心理学の普及を目的としてヒューマン・ギルドを設立して以来、40年近くにわたって、ビジネスマン向けに研修・セミナー・講演などを行っています。これまで20万人以上に、アドラー心理学をビジネスの場に活かした研修・カウンセリングを行なっており、なかでも企業研修の主な対象は、管理職・リーダーがメインです。

本書では、「ビジネスの場面」でのアドラー心理学に精通した著者が、これからのリーダーが取り入れたいアドラー心理学の考え方・メソッドを解説していきます。

nb_minnna_20220908 (2)

書籍概要

【目次】

  • 1章 「建設的」な視点をもつ
  • 2章 価値観をチューニングする
  • 3章 部下の言動に反応しすぎない
  • 4章 安心・信頼できる職場をつくる
  • 5章 目的・目標を掲げ続ける

【著者情報】

岩井俊憲(いわい・としのり)
1947年栃木県生まれ。
70年早稲田大学卒業。外資系企業の管理職などを経て、1985年、アドラー心理学の普及を目的に有限会社ヒューマン・ギルドを設立。40年近くにわたって、アドラー心理学に基づいた企業研修、セミナー、講演などを行う。その対象は、経営者から管理職、ビジネスパーソン、医療関係職、教育関係職、学生まで幅広く、受講者は20万人以上に及ぶ。ハリウッド大学院大学客員教授。
主な著書に『マンガでやさしくわかるアドラー心理学』(日本能率協会マネジメントセンター)、『働く人のためのアドラー心理学』(朝日文庫)、『人を育てるアドラー心理学』(青春出版社)など60冊を超える。

【プレスリリース「価値観の多様化・フラット化した職場に役立つ『アドラー心理学』を紹介。『みんな違う。それでも、チームで仕事を進めるために大切なこと』発売」(PR TIMES)より|2022年8月26日・株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン】

編集部おすすめ関連記事

pr_smp_1small

■奥田和広×坪谷邦生が語る「人と組織が成長するために今、必要なこと
企業が理想に向かいながら、いかに成果を上げる人と組織をつくることができるのか。奥田和広氏と坪谷邦生氏の対談の中から、人と組織を成長させるために人事や経営者、現場の管理職が実践できる考え方やノウハウを語ったテーマを抜粋して紹介する。
【おすすめポイント】
・マネジメントを強化するにあたり、最初に取り組むべきことは何ですか
・人事制度の設計で気を付けるべき点は何ですか?
・ミドル層で管理職についていない人の成長支援はどのようにすればよい
【@人事編集部(株式会社イーディアス)】

@人事では『人事がラクに成果を出せるお役立ち資料』を揃えています。

@人事では、会員限定のお役立ち資料を無料で公開しています。
特に人事の皆さんに好評な人気資料は下記の通りです。
下記のボタンをクリックすると、人事がラクに成果を出すための資料が無料で手に入ります。

今、人事の皆さんに
支持されているお役立ち資料

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました