プレスリリース

国内・海外ヘッドライン

株式会社MAP


障がい者採用特化型のマッチングプラットフォーム「タルセンeラーニング」サービス開始

2022.05.17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人材データベースと採用・定着支援ツールが無料で利用可能

MAP(東京・渋谷)は5月12日、障がい者採用特化型のマッチングプラットフォーム「タルセンeラーニング」のサービス提供を開始した。
同サービスにより、障がい者採用を検討している企業は、自社にフィットする人材を検索・スカウトできる人材データベースや採用支援、採用後の定着サポートを無料で利用することができる。以下、リリースより。

タルセンeラーニングとは

タルセンeラーニング https://map-on.co.jp/digital-center/forcompany/

タルセンeラーニングは、意欲的なチャレンジド人材と、共生社会の実現を目指す企業とをつなぐ、障がい者採用特化型のマッチングプラットフォームです。働くことに障がいを持つ方が利用する就労支援事業所(就労移行支援事業所、就労継続支援A型・B型事業所)には『ITスキルを取得できるeラーニングシステムと就職支援ツール』として、障がい者の採用を検討する企業には『人材データベースと採用・定着支援ツール』として、それぞれ無料でご利用いただけます。

タルセンeラーニングの仕組み

rs_map_1_220513

① ITスキルの習得と就職活動をサポート ー就労支援事業向けサービスー

就労支援事業所を対象に、オフィスワークに必要なデジタルスキルを習得できるeラーニングシステムを無料で提供します。カリキュラム内容はITパスポートやMOSなどの資格取得対策講座のほか、実務で役立つビジネスマナーやキャリアセミナーなどのコンテンツも含まれます。eラーニング受講者はタルセン独自の人材データベースに登録*され、企業の採用担当者から匿名スカウトを受け取ることができます。
(*データベースは匿名での登録となり、氏名や住所など、個人を特定できる情報は掲載されません)

② 障がい者の採用と定着をサポート ー採用検討企業向けサービスー

rs_map_4_220513

障がい者採用を検討中の企業に対し、タルセンeラーニングで学習中、または履修済みの人材が登録されたデータベースを無料で提供します。データベースの情報から学習進捗度や障がい種別、配慮事項などを事前に確認できるので、自社にフィットする人材を検索・スカウトできます。スカウト送信後は事業所職員様を通じてのアプローチが可能となり、採用までの支援はもちろん、入社後の長期定着サポートも継続します。

サービス開発の背景

厚生労働省の発表によると、民間企業の障がい者採用人数は2021年に59万人を超え、18年連続で増加しています*。法定雇用率の遵守に留まらず、障がい者採用を推進する企業は増加傾向にある一方、「自社に適した人材が見つけられない」「採用しても定着せず、早期離職してしまう」といった課題を抱える企業も少なくありません。

MAPは未経験者をITエンジニアに育成する「ファーストキャリア構築支援事業WORX(ワークス)」や、コロナ関連失業者の転職を支援する無料ビジネススクールの運営、京都府主催の雇用型職業訓練「京都府専門的技術人材緊急養成プロジェクト」などを通じ、就労困難な状況にある方のITスキル取得サポートと転職支援の実績を積み重ねてきました。

これらの事業で培った独自の人材育成ノウハウと、カリキュラム開発の技術を活用し、誰もが活躍できる社会作りに貢献したい。障がい者の雇用機会創出と企業の採用課題解決を推進し、MAPの企業理念である「『イキイキと働く社会』を創る」を具現化する新たな事業を育てたいー。そんな想いからタルセンeラーニングを開発いたしました。

*参考資料:令和3年 障害者雇用状況の集計結果(厚生労働省)https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_23014.html

今後の展望

サービスクオリティを保ちながらカリキュラム内容及びデータベースの検索機能を向上させることを目標とし、2022年度中にeラーニング学習者600名、採用検討企業200社への提供を目指します。

SDGs達成への取り組み ー誰もが挑戦できる社会のためにー

rs_map_2_220513

タルセンeラーニングは「持続可能な開発目標(SDGs)」に挙げられている17項目のうち、主に以下の3つの目標達成に向けて、積極的に取り組みます。

  • SDGsゴール 8 「働きがいも、経済成長も」
    →eラーニングによるスキル習得機会を提供し、障がい者の就職を支援
  • SDGsゴール 10 「人や国の不平等をなくそう」
    →マッチングサービスの利用促進を通じて障がい者の雇用機会を創出し、不平等な職業差別をなくす
  • SDGsゴール 16 「平和と公正をすべての人に」
    →データベースの事前共有で採用ミスマッチを防ぎ、障がい者も健常者も同様に活躍できる環境をつくる

*持続可能な開発目標(SDGs)
SDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)とは、2015年9月に国連サミットにて採択された国際社会共通の目標。※参考 外務省 https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html

▼タルセンeラーニングに関するお問い合わせ先

【お問い合わせフォーム】
https://map-on.co.jp/digital-center/forcompany

【プレスリリース「障がい者採用に特化したマッチングプラットフォーム『タルセンeラーニング』リリース 人材データベースの検索からスカウト・採用・定着までサポート」より|2022年5月12日・株式会社MAP】

@人事では『人事がラクに成果を出せるお役立ち資料』を揃えています。

@人事では、会員限定のお役立ち資料を無料で公開しています。
特に人事の皆さんに好評な人気資料は下記の通りです。
下記のボタンをクリックすると、人事がラクに成果を出すための資料が無料で手に入ります。

今、人事の皆さんに
支持されているお役立ち資料

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました