ニュース・トレンド

プレスリリース

Indeed Japan株式会社


『Indeed Rainbow Voice 2022』開始 6月に仕事や職場に関するLGBTQ+当事者の「声」を届けるライフマガジン『BE』を創刊

2022.04.28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Indeed Japanは4月21日、LGBTQ+の権利についてさまざまな啓発イベントが世界各地で行われる毎年6月の「プライド月間」に向け、プロジェクト『Indeed Rainbow Voice 2022』を開始すると発表した。

プロジェクトの取り組みの一つとして、LGBTQ+の職場環境について取り上げるライフマガジン『BE』を創刊する。編集にはさまざまな企業や組織で活躍するLGBTQ+当事者がスタッフとして参加。特設サイトでは5月31日まで、LGBTQ+の方々が「仕事」や「職場」に関する想いや意見、違和感などの声を「BE Voice」として募集している。以下、リリースより。

『Indeed Rainbow Voice 2022』とは

2021年にスタートした本プロジェクトは、LGBTQ+の方々が仕事さがしや職場において感じたことのある想いや意見、違和感などの「声」を伺い、それらをもとに、企業を含む多くの方々がLGBTQ+の方々を取り巻く仕事や職場に関する状況や課題を知り、理解しようとする機会をつくることで、すべての人々が自分らしく働ける社会を実現していくことを目指すものです。

『Indeed Rainbow Voice 2022』では、3つの取り組みを行なってまいります。

  1. 最初に、特設サイトを開設し、LGBTQ+の方々の「仕事」「職場」や「仕事探し」における想いや意見、課題感を当事者の「声」として募集します。
  2. 続いて、サイトを通じて寄せられた「声」をもとに、雑誌「“生きる、働く”を知るライフマガジン『BE』」を6月下旬に創刊し、無料で配布いたします。働く人々が職場や仕事でどんな行動を取ったり、気を配ったりしたらいいかを知る機会を創出します。本雑誌の制作スタッフは、Indeed上でも募集いたします。
  3. 最後に、本取り組みを通して明らかになった「声」も踏まえ、企業の人事やD&Iご担当者様向けの「オンラインセミナー」を実施いたします。各企業がダイバーシティのある職場づくりを実現するために何をしていくべきかを具体的に考える場を提供いたします。

Indeedは、「We help people get jobs.」をミッションとし、LGBTQ+の方々を含むすべての人々が自分らしく働け、幸せにつながるような仕事が見つかる社会を実現していきたいと考え、さまざまな取り組みを行なっています。本プロジェクトが、あらゆる人々が公平に、自分に合った仕事が見つけられ、幸せに働ける社会を実現していくための一助となることを願っています。

『Indeed Rainbow Voice 2022』プロジェクト概要

・実施期間:2022年4月21日(木)~6月30日(木)

rs_ind_7_220426

・特設サイトURL:https://jp.indeed.com/cm/be-magazine

プロジェクト内容

1. LGBTQ+の方々の声を「BE Voice」として集める

LGBTQ+の方々が、「仕事」「職場」や「仕事探し」で感じたことのある想いや意見、違和感などの声を「BE Voice」として募集します。職場で嬉しかったことや課題に感じる点など、職場の同僚や上司、または人事部や経営層などに知ってもらいたいことを中心に、さまざまな意見を広く募集いたします。寄せていただいた声をもとに、雑誌『BE』を制作し、世の中に広く届けることで、働くすべての人々に考える機会をつくっていきます。

  • 参加方法:本プロジェクト特設サイトの応募フォームから、投稿いただきます。
  • 受付期間:2022年4月21日(木)から 5月31日(火)23:59まで

2.“生きる、働く”を知るライフマガジン『BE』創刊

2022年6月下旬に、「BE Voice」として寄せられた声をもとに、雑誌「”生きる、働く”を知るライフマガジン『BE』」を創刊します。『BE』を通じて、職場に存在するLGBTQ+を取り巻く誤解や認識不足を顕在化させることで、働く人々が職場や仕事でどんな行動を取ったり、気を配ったりしたらいいかを知る機会を創出します。

2-1 編集スタッフについて

『BE』の制作にあたっては、さまざまな企業や組織で活躍するLGBTQ+当事者として、滝沢ななえさん、サリー楓さん、かずえちゃん、松岡宗嗣さんの4名を編集スタッフに迎えるとともに、本雑誌の制作スタッフをIndeed上でも募集いたします。

  • 募集期間:2022年4月19日(火)~4月30日(土)23:59まで
  • 募集職種:ライター、カメラマン、アシスタントなど
  • 募集要項・応募方法:Indeed(https://jp.indeed.com)にて、キーワード「BE 編集スタッフ」で検索し、求人情報をご覧ください。*応募者多数の場合は選考となります。

2-2雑誌『BE』の配布方法について

  • 発行時期:2022年6月下旬
  • 価格:無料
  • 配布方法:東京都内一部エリアにおいて配布、ご希望の企業・団体へ送付、公式サイトにて、一部コンテンツをE-bookとして公開予定

3.企業のこれからのLGBTQ+支援のありかたを指南する「BEオンラインセミナー」

6月下旬、『BE』創刊後、企業の人事やD&Iご担当者様向けの「オンラインセミナー」を実施いたします。本取り組みを通じて明らかになった「声」も踏まえ、当事者が企業のLGBTQ+支援の取り組みをどうみているのかを知るとともに、企業がこれからどのような支援や職場での配慮を行っていけばいいのかを考えるきっかけを提供し、具体的な取り組みを提案します。
*詳細が決定し次第、特設サイト内に掲載いたします。

『BE』創刊にご協力いただく編集スタッフ プロフィール

rs_ind1_2_220426

滝沢ななえ
元バレーボール選手。引退後は、指導者としてバレーボールに携わっていたが、2019年11月東京・六本木にパーソナルジム「PERSONS Training Salon」を開業し、より高度なトレーニング理論を身につけ、本格的なトレーニングの指導者としての人生を歩んでいる。2017年、レズビアンを公表。その生き方は、コンプレックスを抱える多くの人の心を魅了。

 

rs_ind1_3_220426

サリー楓
日建設計NAD コンサルタント。1993年京都生まれ。国内外のデザインファームを経験後、ブランディングコンサルタントとして独立。2017年より女性として生活。現在、日建設計を拠点に建築や事業の提案を行う傍ら、トランスジェンダー当事者としてLGBTQ+に関する講演を行う。自身が出演するドキュメンタリー映画『息子のままで、女子になる』が2021年公開。

 

rs_ind1_4_220426

かずえちゃん
1982年福井県生まれ。ウェディングプランナー、保険会社勤務を経て、30歳でカナダに留学。約3年間暮らし、帰国後の2016年にYouTubeをスタート。「LGBTQって身近にいるよ」「あなたは1人じゃないよ」と伝えるため、動画配信や講演、執筆活動、オンラインサロン「かず部屋」の運営などコミュニティ交流などに力を注ぐ。ダイバーシティ推進に力を入れる三洋化成工業株式会社に2020年入社。

 

rs_ind1_5a_220426

松岡 宗嗣
愛知県名古屋市生まれ。明治大学政治経済学部卒。政策や法制度を中心とした性的マイノリティに関する情報を発信する一般社団法人fair代表理事。ゲイであることをオープンにしながら、HuffPostや現代ビジネス、Yahoo!ニュース等で多様なジェンダー・セクシュアリティに関する記事を執筆。教育機関や企業、自治体等での研修・講演実績多数。著書に『あいつゲイだって – アウティングはなぜ問題なのか?』(柏書房)、共著『LGBTとハラスメント』(集英社新書)、『子どもを育てられるなんて思わなかった – LGBTQと「伝統的な家族」のこれから』(山川出版社)など

Indeedについて

Indeedは、世界で最も多くの求職者に利用されている世界No.1求人検索エンジン*です。現在60ヵ国以上、28の言語でサービスを展開し、求職者はパソコンやモバイルで何百万もの求人情報を検索することができます。月間で2億5千万以上のユーザーがIndeedを利用**し、求人検索や履歴書の登録、企業の情報検索を行っています。詳細はhttps://jp.indeed.comをご覧ください。
*出典:comScore 2021年9月訪問数
**出典:Google Analytics 2020年2月ユニークビジター数

■プレスリリースはこちらからもご確認いただけます。
Indeed Japan Press Room:https://jp.indeed.com/press/releases/20220421

rs_ind1_6_220426

【プレスリリース「LGBTQ+当事者の『声』をすべての働く人々に届けるライフマガジン『BE』を6月に創刊」(PR TIMES)より|2022年4月21日・Indeed Japan株式会社】

編集部おすすめ関連記事

pr_smp_1small

■LGBTQ+と共に働く環境づくりの課題と企業・人事が今できること
マイノリティ側ではなく、「マジョリティ側としてできる支援がある」と2020年に立ち上げられたミルメソリューション。物流系人材会社の人事(採用担当)を務め、トランスジェンダーの採用、雇用の現場を体験してきた代表取締役の須田淡子さんに、LGBTQ+と共に働く環境づくりの課題や具体的な人事制度、面接時の対応などにおいて重要なポイントを聞いた。
【おすすめポイント】
・マジョリティ側が立ち上げたことに意義がある。
・LGBTQ+の「働く」をめぐる課題と問題。
・現場の人事担当者や経営者の方にいま伝えたいこと
【@人事編集部(株式会社イーディアス)】

@人事では『人事がラクに成果を出せるお役立ち資料』を揃えています。

@人事では、会員限定のお役立ち資料を無料で公開しています。
特に人事の皆さんに好評な人気資料は下記の通りです。
下記のボタンをクリックすると、人事がラクに成果を出すための資料が無料で手に入ります。

今、人事の皆さんに
支持されているお役立ち資料

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました