プレスリリース

国内・海外ヘッドライン

MY STORY K.K.


アートとストーリーを融合、チームの創造的思考力を7倍高める研修プログラム「プリズムシンキング®︎」を正式リリース

2021.10.27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料体験研修を希望する10社を募集

研修・コンサルティング事業を行うMY STORY K.K.(東京・世田谷)は10月25日、チーム力を醸成しながら創造的思考力を7倍高める研修プログラム「プリズムシンキング®︎」を正式にリリースした。
同社によれば、業界初という「アートとストーリーを融合した新思考プログラム」として、これまで限定提供しきた。実施企業からは「自然に、チームメンバーの柔軟な発想が出ることに驚きました」「メンバーの意外な才能も見つかり、多様な発想を取り入れることができると同時にチーム力が高まりました」といった評価を受けているという。

今回のリリースにあわせ無料体験研修を企画。体験を希望する新規事業開発・DXのアイデア創発と人材育成に取り組む企業10社を募集する。以下、リリースより。

開発背景【企業が抱える創造的思考力向上に関する課題】

コロナ下において人材育成部門やマネジメント層からは、下記のような悩みが浮上しています。
①時代の変化に対応できるような創造的思考力を養成するのは難しい
②能力を持つ人材をなかなか採用できない
③新規事業を生むようなチーム力を高めるにはどうしたらいいのか

社会が大きく変化する中で、どのような業界の企業であっても既存の事業以外に新しいビジネスモデルを生み出したいと考えています。その過程においてDXが注目されていますが『新しい事業が顧客にどんな価値をもたらすのか』というアイデア創発と人材育成に課題を抱えている企業が少なくありません。

新規事業開発で1つの商品が成功するのに必要なアイデアの素案は3,000個*ほど必要とも言われる中で、これからは一部の限られた担当者を育成するのではなく、自社の状況をよく知り、そこで働く社員の多様な考えを自由に発言できる環境をつくり、柔軟な発想力を養成することが急務です。
*(出典)『イノベーションの迷路』ハイス・ファン・ウルフェン著

また、新規事業は既存ビジネスとはかけ離れたモデルになることも多く、担当者は社内やチームからの猛烈な批判により貴重なアイデアが埋もれ、実行力も減速します。企業内での新規事業創発は、従来にないアイデアを肯定的に受け取り迅速に実行していくチーム醸成が必須であり、それらを同時に、かつ自然にできるようプログラム開発されています。

 【創造的思考力向上『プリズムシンキング®︎』3つの特徴】

①アート系教材を導入し、新しい発想のスキルを3ステップで段階的に習得
②テンプレートのようなフレームワークではなく、枠を超えた発想と想像力を高める
③柔軟かつ高次の発想力を身につけ、今までにない価値を生み出しながら同時にチーム力が高まる

◎『創造的思考を7倍に広げる「プリズムシンキング®︎」』
1つの光がプリズムを通し7色に分光するように、1つの視点がアート系教材を通し思考が7倍に広がっていき、今までにない価値を生み出すことから命名しています。

【実施企業の声】

◎【大手メーカー・管理職】コロナの影響もある中で、これまでやっていたことが通用しなくなり、考え方を変えなくてはいけないが具体的にどうしたら良いかと悩んでいました。研修で得たことは、固定概念打破と仲間との連携の重要性です。無理に考えるのではなく、自然に、チームメンバーの柔軟な発想が出ることに驚きました。
◎【ITベンチャー・リーダー】 リモートワークも増えてコミュニケーションが減り、チームワークが低下していました。また、研修の中でメンバーと対話することで、普段の思い込みの強さを痛感しました。メンバーの意外な才能も見つかり、多様な発想を取り入れることができると同時にチーム力が高まりました。
◎【大手鉄鋼業・管理職】この講座は、今までの既成概念を打ち破ってくれる頼もしい思考法を私たちに与えてくださいました。元々お堅い会社なのでなかなかブレークスルーを見出せないのですが、この方法だといけるかもと感じてます。これからの時代に必須の思考法です。

 【対象:推奨企業様】

①企業・組織の部門長やチームリーダーの方で、自組織全員の創造的思考力を本気で上げたいと考えている方
②人材育成部門の方で、従来とは違う創造的思考力を高める画期的な研修を導入したいとお考えの方
③経営者やマネジメント層の方で、従来の枠にとらわれない斬新な発想ができる人財やチームとともに企業発展していきたいとお考えの方

【無料体験研修概要】

◎担当講師: MY STORY K.K. 代表 久保田一美
◎実施方法:オンライン研修 (*Web会議ツール「ZOOM」を使用します)
◎研修時間:3.5時間+アセスメント時間(計4時間)
◎プログラム概要:
・アート系教材を導入した簡単かつ高次の発想体験
・多角的な視点と枠を超えた発想演習
・創造したものを伝えるストーリーテリングのスキル演習
・アイデア創発の土台となるチーム醸成
(*アセスメントシートによる創造的思考力の効果測定付き)

<募集概要>

[応募期間] 2021年10月25日(月)〜2021年11月10日(水)18:00〆
[実施期間] 2021年11月30日(火)〜2022年3月31日(木)(*この期間で調整の上決定)
[募集社数] 10社(*お申し込み多数の場合は抽選により決定)
[実施費用] 無料

◎応募にあたってのお願い:
①上記の課題を抱えている企業、部署、チーム単位や人材育成部門、ダイバーシティ推進部門など、どのような部門単位でも構いません。最小参加人数は8名とし、8名〜12名でご参加いただける企業様を募集いたします。
②研修実施時の写真の提供と実施企業名の公開に同意をいただける企業様
③終了後のアンケートの回答やお客様の声としてご協力いただける企業様

<予約受付方法>

予約開始日:2021年10月25日(月) プレスリリース直後から開始
予約方法:下記のWebサイトから《御社名、部署名、お名前、ご連絡先、コメント覧に「無料体験研修希望」》とご記入いただき、申し込みをお願いします
(お申込みサイト)https://www.mystorykk.com/contact/

会社概要

画像:ロゴ(MY STORY K.K.   )会社名:MY STORY K.K.
所在地:東京都世田谷区
代表者:久保田一美
設立:2015年9月
事業内容:
・人材育成教育、人材育成コンサルティング、女性活躍コンサルティング
・人材育成部門対象専門誌、メディアへの寄稿、連載執筆
・キャリアカウンセリング、コーチング
・企業対象の通信教育教材や研修開発
Webサイト: https://www.mystorykk.com

【研修内容についてのお問い合わせ】

MY STORY K.K. 代表 久保田一美
https://www.mystorykk.com/contact/ もしくは info@mystorykk.comへメールにてお問い合わせください。

【プレスリリース「本の要約サービス『flier(フライヤー)』法人向けの読書プログラム 『フライヤースクール』のアプリ版を10月18日に公開!」(ドリームニュース)より|2021年10月20日・株式会社フライヤー】

編集部おすすめ関連記事

pr_smp_1small

■withコロナとDX時代の社員育成  今こそ優先度を上げる層とは
新型コロナウイルスによる影響により、採用や人材育成計画に延期や中止を余儀なくされた企業も多くあります。また、リモートワークが増えたことによる新たな課題や、子育てをしながらの在宅勤務の実態は、「女性に負担が増えた」という声も聞こえてきています。このような状況の中で、人事、研修担当者は人材育成研修をどのように考えたら良いのでしょうか。
【おすすめポイント】
・人材育成計画の再考
・女性社員の成長の機会を広げる
・DX時代に若年層の力を引き出す
【執筆:久保田 一美 (MY STORY K.K. / 代表)】

在宅勤務でチーム力を発揮する〜組織への帰属意識を高める2つの視点

pr_smp_1small

緊急事態宣言下に実施してみてわかった在宅勤務のメリットを踏まえ、今後も継続する企業もある中で、聞こえてきたのは「組織への帰属意識が薄れる」という声です。離れて働いていてもチーム力を発揮し、帰属意識を高めるにはどのような考え方が必要なのでしょうか。
>>詳細をチェックする【執筆:久保田 一美 (MY STORY K.K. / 代表)】

@人事では『人事がラクに成果を出せるお役立ち資料』を揃えています。

@人事では、会員限定のお役立ち資料を無料で公開しています。
特に人事の皆さんに好評な人気資料は下記の通りです。
下記のボタンをクリックすると、人事がラクに成果を出すための資料が無料で手に入ります。

今、人事の皆さんに
支持されているお役立ち資料

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました