【無料セミナー】労務トラブル事例から学ぶ!労基署・裁判所はそれぞれ何を見るのか?|アマノ株式会社【無料セミナー】労務トラブル事例から学ぶ!労基署・裁判所はそれぞれ何を見るのか?|アマノ株式会社

プレスリリース

国内・海外ヘッドライン

paiza株式会社


「type就活フェア」の選考課題に「paizaスキルチェック」を提供

2021.08.25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

paiza(東京・港)は8月24日、キャリアデザインセンターが運営する「type就活フェア ビジネス研究 Day3 -テクノロジー-」(2021年9月18日開催)の参加者向け選考課題として「paizaスキルチェック」を提供すると発表した。
「paizaスキルチェック」は、オンライン上で実際にコーディングテストを行い、受験者のプログラミングスキルを6段階(S~Eのpaizaランクを付与)で客観的に可視化する。今回、type就活フェアにエントリーした学生は、paizaのスキルチェックの結果を基に選考され、参加者を決定するという。以下、リリースより。

【23卒理系対象/オンライン】type就活フェア ビジネス研究 Day3 -テクノロジー-:https://typeshukatsu.jp/event/2737/?waad=w1Z8PfFZ
関連サービスコードで採用!プログラミング就活「paiza新卒」(@人事サービスガイド)
関連記事:「type就活」のIT業界研究セミナー参加課題に「paiza」のプログラミングスキルチェック採用

「paizaスキルチェック」とは

paizaはITエンジニアに特化した転職、就職、学習サービスとして、2013年にサービスの提供を開始いたしました。最大の特徴は、paizaオリジナルのプログラミングスキル評価機能「paizaスキルチェック」です。オンライン上で実際にコーディングテストを行い、受験者のプログラミングスキルを6段階(S~Eのpaizaランクを付与)で客観的に可視化します。

日本ではこれまで、ITエンジニアのプログラミングスキルを客観的に可視化できる場が少なく、ITエンジニア採用の難易度を上げるなど、ミスマッチの原因となってきました。企業は「paizaスキルチェック」を活用することで、こうした課題を解決し自社が求める人材を的確に採用することができます。「paizaスキルチェック」の総受験回数は1200万回(2021年7月現在)に達しており、2000社以上の企業が活用しています。これまでの膨大な受験データをもとに問題を絶えず精査しており、高いスキル判定精度を実現しています。また、本スキルチェックの仕組みは2015年1月に特許に認定されています。

画像:「スキルチェック結果によるランク表」(「paizaスキルチェック」paiza株式会社)

type就活フェア ビジネス研究 Day3 -テクノロジー-について

「type就活フェア ビジネス研究」は、リーディングカンパニー10社×学生100名の限定オンラインイベントです。参加学生は、座談会形式で密にコミュニケーションを取りながら各社のビジネスを学ぶことができます。Day3は理系学生対象のイベント内容となっており、プログラミングスキルが上位(paizaランクが上位)レベルの学生だけが参加できる特別なイベントとして実施されます。paizaが、従来は難しかった応募者の技術レベルの担保やスクリーニングを支援します。

【type就活フェア ビジネス研究 Day3 -テクノロジー-の実施概要】
URL:https://typeshukatsu.jp/event/2737/?waad=w1Z8PfFZ

・開催日時:
2021年9月18日(土)10:00〜12:40
2021年9月18日(土)15:00〜17:40
・エントリー期限:
2021年9月7日(火)12:00
・対象者:2023年卒業予定の大学生・大学院生
・選考方法:エントリー時に入力した項目とエントリー後に受験したpaizaのスキルチェックの結果を基に選考し、参加者を決定
※詳しくはtype就活の詳細ページをご確認ください。

今後について

paizaにとって特に高いプログラミングスキルを持つtype就活ユーザーの学生と接点を持てることは、大きなメリットだと考えております。今回の導入を通じて、paizaご利用企業に対して、より多くの優秀な学生とのマッチング機会を提供してまいります。

paizaでは、今後とも当社独自の「paizaスキルチェック」の仕組みを転職・就職支援サービス事業者様にご提供することで、従来は難しかったITエンジニア職の応募者の技術レベルの担保やスクリーニングを支援いたします。

キャリアデザインセンターについて

キャリアデザインセンターは、少子化による新卒採用マーケットの縮小から中途採用マーケットに着目し、1993年に設立された企業です。中途採用の中でも特にキャリア志向の高いエンジニア・営業・女性に焦点をあてた商品ラインアップで、多数のクライアントから高い評価を得ています。主要サービスである、ひとつ上を目指す人のキャリア転職サイト「type」は日本主要転職サイトの中でアクセス者数No.1(※)となっています。そのほか、正社員で長く働きたい女性のための転職サイト「女の転職type」、人材紹介サービス「type転職エージェント」、学生向け就職サービス「type就活」、IT業界に特化した人材派遣サービス「typeIT派遣」、Webマガジン「エンジニアtype」「Woman type」「20’s typeの企画・編集・運営など、 企業の採用活動をサポートする総合的なソリューションサービスを提供しています。
(※)ニールセンNetView 2020年4月データ 家庭と職場のPCからのアクセス

■会社概要
・社名:    株式会社キャリアデザインセンター(CAREER DESIGN CENTER CO.,LTD.)
・代表者: 代表取締役社長兼会長 多田 弘實(ただ ひろみ)
・資本金:   5億5,866万円
・設立: 1993年7月8日
・許認可: 有料職業紹介事業許可13-ユ-040429、一般労働者派遣事業許可 派13-315344

paizaについて

paizaは国内最大のITエンジニア向け転職・就職・学習プラットフォームです。オンラインでのプログラミングテスト「paizaスキルチェック」を受験してスキルを証明し、それを使って転職・就職する独自のサービスで、2021年8月現在、paizaの登録者数は45万人。2000社を超える企業が採用に利用しています。「paizaスキルチェック」の総受験回数は1200万回以上(2021年7月現在)に達しています。

「paiza転職」は、ITエンジニアの“スキルを可視化“し、実力重視で企業とマッチングするITエンジニア向け転職サービスです。そのほか、学生向け就職サービス「paiza新卒」、未経験、若手エンジニア向け転職サービス「EN:TRY」、および転職・就職直結型のプログラミング学習サービス「paizaラーニング」を展開。現役エンジニアの転職はもちろん、「paizaラーニング」で学んだ後に「スキルを可視化」して転職、就職する例も多数生まれています。(URL:https://paiza.jp

会社概要

・社名: paiza株式会社
・代表者:代表取締役社長 片山 良平(かたやま りょうへい)
・資本金:350,603千円(資本剰余金含む)
・設立:2012年2月13日
・許認可: 有料職業紹介事業許可13-ユ-305439
・URL:https://www.paiza.co.jp/

【プレスリリース「paizaが『type就活フェア ビジネス研究 Day3 -テクノロジー- 』の選考課題として、プログラミングスキルを評価する独自の仕組み『paizaスキルチェック』を提供」より|paiza株式会社・2021年8月24日】

編集部おすすめ関連記事

pr_smp_1small

■ITエンジニアの採用はなぜこんなに難しいのか
エンジニア採用はなぜ難しいのか、優秀なエンジニアを採用するにはどうすればよいのか、といったナレッジやノウハウをお伝えいたします。
【おすすめポイント】
・エンジニア市場は常に売り手市場
・優秀なエンジニアから「選ばれる」には
・エンジニア採用に立ちはだかる2つの壁
【執筆:谷口智香(paiza株式会社)】

@人事では『人事がラクに成果を出せるお役立ち資料』を揃えています。

@人事では、会員限定のお役立ち資料を無料で公開しています。
特に人事の皆さんに好評な人気資料は下記の通りです。
下記のボタンをクリックすると、人事がラクに成果を出すための資料が無料で手に入ります。

今、人事の皆さんに
支持されているお役立ち資料

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました