【無料セミナー】労務トラブル事例から学ぶ!労基署・裁判所はそれぞれ何を見るのか?|アマノ株式会社【無料セミナー】労務トラブル事例から学ぶ!労基署・裁判所はそれぞれ何を見るのか?|アマノ株式会社

プレスリリース

国内・海外ヘッドライン

東京都


「テレワーク・マスター企業支援奨励金」に「 1か月コース」と「2カ月コース」を新設。トライアル期間も10月31日まで延長

2021.06.30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都は、テレワークの定着を目的とした中小企業向けの支援事業「テレワーク・マスター企業支援事業」に新たに「1か月コース」と「2カ月コース」を新設した(これまでは「3カ月コース」のみ)。【TOP写真は「テレワーク・マスター企業支援奨励金 募集要項」資料より】

「テレワーク定着トライアル期間」も当初の5月12日~9月30日から、期限を10月31日まで延長。感染症の拡大防止と経済活動の両立ならびに、人流の抑制に向け、都内中小企業への支援を強化するねらいだ。以下、報道発表資料および東京しごと財団のHPより。

【関連記事】日本テレワーク協会が「テレワーク関連ツール一覧(6.0s版)」「中堅・中小企業におすすめテレワーク製品一覧(第4.0版)」を公開

テレワーク・マスター企業支援奨励金

事業概要

  • 「テレワーク定着トライアル期間(令和3年5月12日~9月30日 ⇒10月31日まで延長)」に、テレワーク可能な労働者数のうち「週3日・社員の7割以上」、1~3か月間テレワークを実施した企業を「テレワーク・マスター企業」として東京都が認定。
  • 「テレワーク・マスター企業」に対し、テレワーク実施人数および通信費や機器・ソフト利用料など奨励金の対象経費に基づき最大80万円の定額の奨励金を支給

◆対象事業者要件

⇒マイページに「計画エントリーシート」をアップロードする前日の正午までにご登録ください

※「テレワーク東京ルール」実践企業宣言の登録が奨励金申請までに完了しないと、奨励金の申請は行えません

  • 「計画エントリーシート」*を提出していること(令和3年5月25日~6月30日
    「3か月コース」 ⇒ 令和3年7月31日まで延長
    「2か月コース」 ⇒ 令和3年8月31日まで
    「1か月コース」 ⇒ 令和3年9月30日まで

「計画エントリーシート」について

⇒計画エントリーシートに記載するテレワーク実施人数や奨励金申請予定額は、計画時における想定人数・トライアル期間をご記載ください。

事業実施後に提出する奨励金申請における実績人数・トライアル期間が計画エントリーシートに記入する数字と異なっても構いません。

計画エントリーシートはこちら(記入例:PDFファイル(354KB) 様式:ワードファイル(28KB)

「計画エントリーシート」は、上記のほか、「テレワーク東京ルール」実践企業宣言Webサイトからでもダウンロードできます。また、提出は「テレワーク東京ルール」実践企業宣言Webサイト上の「マイページ」にアップロードしてください。

  • トライアル期間中に、申請企業が設定した「テレワーク実施期間(1~3か月)」に、テレワーク実施可能な社員数のうち、「週3日・社員の7割以上」のテレワークを実施していること

⇒上記の結果を踏まえ 「テレワーク・マスター企業」として東京都から認定されること。

その他にも要件があります。詳細については、募集要項のページをご確認ください。

◆奨励金額

テレワーク実施人数およびトライアル経費に応じて奨励金を支給

画像:東京都テレワーク・マスター企業支援奨励金

★奨励金早見表

【3か月コースの場合】

画像:東京都テレワーク・マスター企業支援奨励金

【2か月コースの場合】

画像:東京都テレワーク・マスター企業支援奨励金

【1か月コースの場合】

画像:東京都テレワーク・マスター企業支援奨励金

※奨励金の支給額は、以下の基準に基づいて支給されます。

  • 申請企業が設定したテレワーク実施期間(1~3か月)のテレワーク実施人数(1日平均)
  • 申請企業が設定したテレワーク実施期間(1~3か月)に、社員がテレワークを実施するために企業が負担した経費(税込み)のうち奨励金の対象経費(募集要項10頁参照)に適合する経費(トライアル経費)

◆事業の流れ

緑枠で囲んだ部分が実施していただく部分です。

画像:東京都テレワーク・マスター企業支援奨励金

◆奨励金申請の受付期間

令和3年9月1日(水)~令和3年12月10日(金)

 ※郵送による受付・締切日消印有効(来所による持参提出は一切受け付けません)。

 ※予算の範囲を超える申請があった場合等、申請受付期間内でも受付を終了することがあります。

 ※申請は、一支給対象事業者につき1回限りです。

◆申請方法

申請にあたっては、募集要項のページをご確認ください。

お問い合わせ先

「テレワーク東京ルール」等に関するお問い合わせ先

「テレワーク東京ルール」実践企業宣言への登録、「計画エントリーシート」提出に関すること
 「テレワーク東京ルール」実践企業宣言事務局  E-mail:info@teleworkrule-tokyo.jp
「テレワーク・マスター企業」の認定制度に関すること
 東京都産業労働局労働環境課
 TEL03-5320-4657(平日9時~17時)*平日12時~13時、土日・祝日、年末年始を除く

「テレワーク・マスター企業支援奨励金」に関するお問い合わせ先

 公益財団法人東京しごと財団雇用環境整備課「テレワーク・マスター企業支援奨励金」事務局
 TEL03-6734-1301(平日9時~17時)*平日12時~13時、土日・祝日、年末年始を除く

記事中画像参照元:東京しごと財団「テレワーク・マスター企業支援奨励金」

【報道発表資料「テレワーク・マスター企業支援奨励金 新コース創設のお知らせ」より|2021年6月18日・東京都】

編集部おすすめ関連資料

pr_smp_1small

■テレワーク環境下でパフォーマンスを引き出すための人事評価
「テレワーク移行後、従来の人事評価が合わなくなってきた」「現場管理職によるマネジメントの在り方を改善したい」「環境変化に合わせて制度をアップデートしたい」という人事担当者や経営者向けに、変化の時代に必要な人事評価の視点や事例別の改善例、パフォーマンスを向上させるための評価のポイントを紹介します。
【おすすめポイント】
・人事評価の役割とは?
・課題別:人事評価運用の見直しポイント
・ パフォーマンスを向上させる人事評価を行うポイント
【@人事編集部(株式会社イーディアス)】

テレワーク導入企業の労務管理 課題別対策まとめ

pr_smp_1small

テレワーク導入企業が抱える労務管理に関する課題について、実際に企業から寄せられた悩みを基に、課題解決に役立つツールの紹介をはじめ、テレワーク導入後の福利厚生や通勤手当の見直しポイントを解説します。テレワーク時の課題ごとに有効なツールの検討やマネジメント見直しの際にご活用ください。
>>詳細をチェックする【@人事編集部(株式会社イーディアス)】

リモートワークの生産性を向上させる方法

pr_smp_3small

リモートワーク導入によって起きる課題を洗い出した上で、すぐに実践できる生産性向上のための考え方やノウハウ、リモートワーク実施時の課題解決に有効なサービスを各種データや事例を紹介しながら解説します。
>>詳細をチェックする【@人事編集部(株式会社イーディアス)】

自社に最適な「電子契約システム」の選び方

pr_smp_2small

法整備やコロナ禍で浮上した問題など電子契約システムの普及が進んだ背景や、電子契約システム導入で解決できる課題、企業事例を基にした運用で成果を上げるためのポイントを紹介しています。自社に最適な電子契約システムの選び方を知るためにぜひご活用ください。
>>詳細をチェックする【@人事編集部(株式会社イーディアス)】

@人事では『人事がラクに成果を出せるお役立ち資料』を揃えています。

@人事では、会員限定のお役立ち資料を無料で公開しています。
特に人事の皆さんに好評な人気資料は下記の通りです。
下記のボタンをクリックすると、人事がラクに成果を出すための資料が無料で手に入ります。

今、人事の皆さんに
支持されているお役立ち資料

@人事は、「業務を改善・効率化する法人向けサービス紹介」を通じて日本の人事を応援しています。採用、勤怠管理、研修、社員教育、法務、経理、物品経理 etc…
人事のお仕事で何かお困りごとがあれば、ぜひ私達に応援させてください。

「何か業務改善サービスを導入したいけど、今どんなサービスがあるのだろう?」

「自分たちに一番合っているサービスを探したいけど、どうしたらいいんだろう?」

そんな方は、下記のボタンを
クリックしてみてください。
サービスの利用は無料です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あわせて読みたい

あわせて読みたい


資料請求リストに追加しました